銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

景気ウォッチャーとは

内閣府が実施する景気の調査の1つ。タクシー運転手、スーパーやコンビニの店員、レストランやホテルの従業員など景気の動きを肌で感じることができる人々を景気ウォッチャーに任命。景気ウォッチャーは3ヶ月前と比較した景気の現状や今後2〜3ヶ月先の景気の見通しについて、「良い」「やや良い」「どちらとも言えない」「やや悪い」「悪い」という5つの選択肢から選ぶ。「良い」と回答した数から「悪い」と回答した数を引いて指数化する。3ヶ月前と比較した景気の現状に関するデータが「現状判断DI」、今後2〜3ヶ月先の景気の見通しに関するデータが「先行き判断DI」と呼ばれる。DIは50を中立とし、景気が横ばいであることを示す。景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DIが上昇傾向をたどっており、景気は緩やかな回復局面に入ったといえる。景気ウォッチャー調査の最大の特徴は、他の景気指標に比べて、「肌感覚」に近いところから景気の実体を調査するというものです。それとともに、毎月調査が行なわれ、その翌月には調査内容が公表されるため、速報性が高いという特徴も持っています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

景気ウォッチャー調査とは、景気の動向を示す指標のひとつです。より迅速、的確に把握するため、各地の景気の動きを身近に観察できる立場の人たちの協力を得て、内閣府が毎月発表しています。北海道、東北、北関東、南関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄の11地域を対象に、百貨店・スーパーマーケット・コンビニなどの小売店やレジャー業界で働く人、タクシー運転手など、景気に敏感な職種の約2000人にインタビューし、調査結果を集計・分析して発表しています。
現況を示す現状判断DI、2~3カ月先の見通しを示す先行き判断DIを、家計動向、企業動向、雇用などの部門別に発表します。DIの数値は50が横ばいを表し、これを上回ると「景気が良い」、下回ると「景気が悪い」と感じる人が多いことを示します。

ワンポイント
この調査ではDIのほか、「宝飾品などの高額品が売れ始めた」「居酒屋の予約が取りづらくなった」など、自由回答のコメントも公表されるため、よりリアルな景気動向がつかめます。チェックしてみると、投資対象として有望なジャンルや企業を見つけるヒントになるかもしれません。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

内閣府が毎月実施している景気判断調査のひとつ。
地域の景気に関連の深い動きを観察できる立場にある人々の協力を得て、地域ごとの景気動向判断の基礎資料とすることが目的です。「街角景気調査」とも呼ばれています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

内閣府が毎月、当月分を25日から月末にかけて実施する「街角の景況感を判断するためのアンケート調査」のこと。調査結果は、翌月第6営業日頃に公表される。
 
調査対象者は国内11の地域、3つの分野(家計・企業・雇用)から選ばれた約2000人で、百貨店の売り場担当者やコンビニエンスストアの店長、タクシー運転手、職業安定所の職員など、街角景気を肌で感じることができる現場の個人である点が特徴。

地域ごとの景気動向を的確・迅速に把握し、景気動向判断の基礎資料とすることを調査の目的としており、調査対象者は3ヵ月前と比較した景気の現状に対する判断や現在と比較した2〜3ヵ月後の景気の先行きについて5段階評価で回答するほか、それぞれの理由について具体的なコメントを行う。

(出典 野村證券ホームページ)

 

街角の景況感を調べるために毎月実施する調査。毎月月末に調査をして、翌月第6営業日には発表している。調査時点から約1週間後には公表される速報性が特徴の一つ。 具体的には、タクシーの運転手、コンビニエンスストアやスーパーの店長、飲食店経営者など、景気動向を肌で感じる人たちを「景気ウォッチャー」に任命して、質問による調査を行う。「3カ月前と比較した景況」「判断理由」「2~3ヵ月後の景気見通し」「先行き判断の理由」などを5段階評価で聞き、指標化する。合わせてウォッチャーの生の声も発表している。 景気動向を肌で感じる人たちの「体感景気」を集計したもので、マクロ統計には表れにくい「街角景気」を映している。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

景気ウォッチャー調査は、景気の動向を示す指標のひとつで、街角景気とも呼ばれます。日本全国の11地域(北海道、東北、北関東、南関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄)を対象に行われています。
景気が反映されやすい職種(小売店や、タクシー運転手、レジャー業界など)で働く人たちを景気ウォッチャーに任命(2,050人を選定)してインタビューを行い、結果を集計・分析して景気動向指標として発表しています。地域別調査機関で調査を実施し、地域ごとの調査結果の集計・分析を、取りまとめ調査機関で行っています。

調査は内閣府が主管しており、毎月25日から月末にかけて調査を行い、翌月の8日ごろに結果が発表されます。調査事項は、景気の現状に対する判断や方向性とその理由、また追加説明・具体的状況の説明、今後の景気の判断や方向性とその理由などがあります。

現況(3カ月前と比較しその時点での景気の良し悪し)を示す現状判断DI、2~3カ月先の見通しを示す先行き判断DIを、家計動向、企業動向、雇用などの部門別に発表します。DIの数値は50を横ばいとし、これを上回ると「景気は上向き」、下回ると「景気は下向き」と感じる人が多いことを示します。

(岡三オンライン証券ホームページ)