銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

景気動向指数とは

景気動向指数は、景気全体の現状を知ったり、将来の動向を予測したりするときに使われる経済指標です。産業、金融、労働など、経済に重要かつ景気に敏感な28項目の景気指標をもとに指数が算出されています。
景気動向指数には、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)があります。 CIは構成する指標の動きを合成することで景気変動の大きさやテンポ(量感)を表し、平成17年を100として前月の指数が大きく増えているようであれば景気回復が急ピッチであるなどと見ることができます。DIは構成する経済指標のうち、上昇を示している指標の割合が数カ月連続して50%を上回っているときは景気拡大、50%を下回っているときは景気が後退していると判断する材料になります。
景気動向指数は数カ月先の景気の動きを示す先行指数、景気の現状を示す一致指数、半年から1年遅れで反応する遅行指数と3つの指数に大別されます。

ワンポイント
例えば、景気が良くなり始めると企業が雇用を増やすため、「新規求人数」が増えます。それは景気に先行して動くので先行指数。労働需給の面から、労働市場の好不況は景気にほぼ一致して動くので、「有効求人倍率」は一致指数。景気が良くなると収入が増え、消費が活発化します。逆に、景気が悪くなると収入が減り、消費が減少する「家計消費支出」は、景気に遅行して動くので遅行指数。このように、さまざまな動きをする採用指数全体を見ることで景気が良くなっているのか悪くなっているのかが分かるのです。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

景気動向指数は、生産、雇用など様々な経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって、 景気の現状把握及び将来予測に資するために作成された指標である。

 景気動向指数には、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)がある。 CIは構成する指標の動きを合成することで景気変動の大きさやテンポ(量感)を、DIは構成する指標のうち、 改善している指標の割合を算出することで景気の各経済部門への波及の度合い(波及度)を測定することを主な目的とする。

 従来、景気動向指数はDIを中心とした公表形態であったが、近年、景気変動の大きさや量感を把握することがより重要になっていることから、 2008年4月分以降、CI中心とした公表形態に移行した。 しかし、DIも景気の波及度を把握するための重要な指標であることから、参考指標として引き続き、作成・公表している。 なお、景気転換点の判定にはヒストリカルDIを用いている。

 CIとDIには、それぞれ、景気に対し先行して動く先行指数、ほぼ一致して動く一致指数、遅れて動く遅行指数の3つの指数がある。 景気の現状把握に一致指数を利用し、先行指数は、一般的に、一致指数に数か月先行することから、景気の動きを予測する目的で利用する。 遅行指数は、一般的に、一致指数に数か月から半年程度遅行することから、事後的な確認に用いる。

 CIとDIは共通の指標を採用しており、採用系列数は、先行指数11、一致指数9、遅行指数9の29系列である(2017年1月分以降、「規模別製造工業生産指数」(中小企業庁)公表休止のため、一致指数において「中小企業出荷指数(製造業)」を採用系列から除外し、10指標から9指標に変更)。 採用系列は概ね景気が一循環(谷→山→谷)するごとに見直しを行っており、現行系列は、第15循環の景気基準日付確定時(2015年7月)に選定された。

 なお、景気動向指数は、各経済部門から選ばれた指標の動きを統合して、 単一の指標によって景気を把握しようとするものであり、すべての経済指標を総合的に勘案して景気を捉えようとするものではないことに留意する必要がある。

(出典 内閣府ホームページ)

 

内閣府が毎月公表している経済指標のひとつ。
生産、雇用などさまざまな経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって、 景気の現状把握や将来予測に資するための指標です。指数には、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)があり、CIは構成する指標の動きを合成することで景気変動の大きさやテンポ(量感)を、DIは構成する指標のうち、 改善している指標の割合を算出することで景気の各経済部門への波及の度合い(波及度)を測定します。
従来、景気動向指数はDIを中心とした公表形態でしたが、近年、景気変動の大きさや量感を把握することがより重要になっていることから、 2008年4月値以降、CIを中心の公表形態に移行しました。 しかし、DIも景気の波及度を把握するための重要な指標であることから、参考指標として引き続き、作成・公表しています。 なお、景気転換点の判定にはヒストリカルDIを用いています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

景気を測る指標はたくさんあるが、一つ一つの景気指標には一長一短がある。たとえば「鉱工業生産指数」は、生産面だけを対象にしており、かつ金融やサービスといった分野の動向を表していないため、景気全体の動向を知るという点では物足りない。そこで、景気全体の動向を知るためにはこれらの景気指標を統合し、一つの指標にしたものがある。これを景気動向指数という。

産業、金融、労働など経済のあらゆる側面を網羅した29項目の景気指標を基に指数を算出している。景気動向指数は景気を先取りして動く「先行指数」、景気と並行して動く「一致指数」、景気に遅れて動く「遅行指数」に大別される。現在、内閣府(省庁再編以前は経済企画庁)が公表をしている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

景気全体の動向を知るために、生産・雇用など様々な経済活動での重要、かつ景気に敏感な景気指標を統合し、一つの指標にしたもの。30項目の景気指標を基に指数を算出しており、景気に対し先行して動く「先行指数」、ほぼ一致して動く「一致指数」、遅れて動く「遅行指数」の3本の指数がある。先行指数は、一般的に一致指数に数ヵ月先行することから、景気の動きを予知し、遅行指数は一致指数に半年から1年遅行することから、景気の転換点や局面の確認に利用する。 なお、2008年6月公表分から景気動向指数の中心がこれまでのDI(ディフュージョン・インデックス)からCI(コンポジット・インデックス)に変更となった。 DIは景気局面の判断や転換点(景気の山・谷)の判定に用いるのに対し、CIは景気変動の大きさやテンポ(量感)を測定することを目的としており、米国をはじめ、国際的にもCIが主流になっている。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

景気が上向きであるか、下向きであるかを判定するための指標で、内閣府が毎月発表する。景気の影響を受けやすい28の指標について、3ヶ月前と比較して増加していればプラス、減少していればマイナスとする。全体でプラスの指標が50%以上あれば景気は上向き、50%以下であれば景気は下向きと判断する。景気動向指数は、前月に比べて低下し、景気が足踏みしているとの認識を新たにした。景気動向指数はDIとCIがあり、かつてはDI(ディフュージョン・インデックス)を中心に公表されていました。このDIが50%を上回っていれば、景気の認識は「良い」ということになりますが、仮に50%が60%になったとしてもそれは景気の勢いが高まったということにはつながらず、あくまでも景気回復の認識が広まったという程度の受け止められ方になります。また2008年以降は、景気変動の大きさやテンポを示すためにCI(コンポジット・インデックス)という指数が算出され、現在はCIを中心に公表されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

景気動向指数は、生産、雇用など様々な経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって、景気の現状把握及び将来予測に資するために作成された指標です。

 景気動向指数には、ディフュージョン・インデックス(DI)とコンポジット・インデックス(CI)があります。

 DIは構成する指標のうち、改善している指標の割合を算出することで景気の各部門への波及の度合い(波及度)を、CIは構成する指標の動きを合成することで景気変動の大きさやテンポ(量感)を測定することを主な目的とします。現在、福岡県では、景気動向指数について、DIを中心とした公表形態をとっており、参考としてCIも公表しています。

 DIとCIにはそれぞれ、景気の先行きを予測するための「先行指数」、景気の現状を示す「一致指数」、景気の動きを最終確認するための「遅行指数」の3つの指数があります。

(出典 福岡県ホームページ)