銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

経常収支とは

貿易・サービス収支、第一次所得収支、第二次所得収支の合計。
金融収支に計上される取引以外の、居住者・非居住者間で債権・債務の移動を伴う全ての取引の収支状況を示す。

〈貿易・サービス収支〉  

貿易収支及びサービス収支の合計。実体取引に伴う収支状況を示す。

「貿易収支」  財貨(物)の輸出入の収支を示す。国内居住者と外国人(非居住者)との間のモノ(財貨)の取引(輸出入)を計上する。
「サービス収支」  サービス取引の収支を示す。
(サービス収支の主な項目)
輸送:国際貨物、旅客運賃の受取・支払
旅行:訪日外国人旅行者・日本人海外旅行者の宿泊費、飲食費等の受取・支払
金融:証券売買等に係る手数料等の受取・支払
知的財産権等使用料:特許権、著作権等の使用料の受取・支払
〈第一次所得収支〉 

対外金融債権・債務から生じる利子・配当金等の収支状況を示す。 
(第一次所得収支の主な項目)
  直接投資収益:親会社と子会社との間の配当金・利子等の受取・支払
  証券投資収益:株式配当金及び債券利子の受取・支払
  その他投資収益:貸付・借入、預金等に係る利子の受取・支払
〈第二次所得収支〉 

居住者と非居住者との間の対価を伴わない資産の提供に係る収支状況を示す。

官民の無償資金協力、寄付、贈与の受払等を計上する。

(出典 財務省ホームページ)

 

一定期間における一国の海外とのモノやサービスの取引、投資収益のやりとりなど経済取引で生じた収支を示す経済指標。国際収支統計の中の一項目で、国際通貨基金(IMF)が定めた国際収支マニュアルに従って作成するため、国際比較が可能です。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

国際収支の基準の1つで、貿易・サービスや投資による日本と海外のお金の出入りを表す。
貿易収支、サービス収支、第一次所得収支、第二次所得収支から構成される。
居住者・非居住者間で行われる取引のうち、金融収支に計上される取引以外の、債権・債務の移動を伴う全ての取引の収支状況を示す。 
2015年度の国際収支状況(速報)によると、貿易・サービス収支の赤字幅が縮小し、第一次所得収支の黒字幅が拡大したことから、経常収支の黒字幅は前年度比2倍超に膨らんだ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

経常収支とは、国の国際収支を表す基準のひとつで、経常勘定ともいいます。貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支の4つから構成されます。
貿易収支はモノの輸入と輸出の差額、サービス収支は外国とのサービス取引の収支、所得収支は対外直接投資や証券投資の収益、経常移転収支は政府開発援助(ODA)のうち医薬品などの現物援助を表します。
日本の経常収支は2011年度以降、貿易収支の赤字拡大を背景に減少傾向が続き、2016年12月の経常黒字額は1兆1,122億円(速報値)で、30カ月連続の黒字となりました。2016年の年間黒字額は20兆6,496億円(速報値)と、過去2番目の規模となっています。経常収支は毎月、財務省が「国際収支統計」で発表しています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

経常収支とは、国際収支のうち、金融資産にかかる取引以外の経常取引を計上する項目を指します。輸出入の集計である「貿易収支」、日本企業が外国で得た収益から外国企業が日本国内で得た収益を引いた額である「所得収支」、政府の食料援助や医療援助、災害援助等の無償資金協力、国際機関の分担金である「経常移転収支」、海外旅行など、国際間の輸送、旅行、その他のサービスの集計が「サービス収支」の4項目から成り立っています。

(出典 東海東京証券ホームページ)