銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

契約型投資信託とは

委託者(投資信託会社)、受託者(信託銀行)、受益者(投資家)の3者の契約に基づいて運用される形態の投資信託のこと。
契約型投資信託は、委託者と受託者が信託契約を結び、これをもとに委託者が発行する受益証券に受益者が投資するかたちをとるものです。集まった資金は、信託財産として信託銀行にプールし、その運用は委託者が行うことになります。日本の投資信託のほとんどがこの形態をとっています。

この形態の投資信託では、投資信託財産そのものには法人格がなく、投資家は契約の一当事者でしかなく、運用などに対する投資家の意思表明の場はありません。

(出典 大和証券ホームページ)

 

投資信託には設立形態の違いにより「会社型」と「契約型」の2種類があります。契約型投資信託は、運用会社と信託銀行が信託契約を結ぶことにより組成され、運用される投資信託のことをいいます。現在設定されている投資信託の多くがこの契約型の投資信託です。
一方の会社型投資信託は投資法人を設立し、法人が発行する投資口座を投資家が購入するもので、REIT(不動産投資信託)などが該当します。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

投資家から預かったファンドの運用資産(信託財産)の保管・管理を行う受託者(信託銀行等)と、実際にファンドの運用を行う委託者(投資信託会社)が、信託契約を結ぶことで組成され、運用されるタイプの投資信託のこと。

投資信託は設定形態によって、契約型投資信託と会社型投資信託に分類することができる。日本の投資信託は契約型が主流である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

契約型投資信託とは、委託会社(運用機関)と受託銀行の間の信託契約に基づいて信託された財産の受益権を投資家が購入する形態の投資信託であり、日本の投資信託の主流となっている。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

投資信託の分類の仕方のひとつで、信託契約に基いて信託財産として運営される投資信託です。1998年の投信法改正で「会社型投資信託」が導入されるまでは、日本の投資信託はこの「契約型」のみでした。一方「会社型」は、法人形態で組成されるファンドで、投資家は投資主(株式会社の株主に当たります)として資金を出資し、重要な決定は投資主総会(同じく株主総会に当たります)で決定されます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

投資家から預かった財産を、信託財産として預ける投資信託委託会社と、預かる側である受託銀行が、信託契約を結ぶことで組成され、運用される投資信託のこと。日本の証券投資信託はこの形式が主流である。そもそも信託は契約を結んで組成するので「契約型」という言葉は不要であるが、とりわけ会社型投資信託(投資法人)と比較する際に使われる言葉である。

(出典 投資信託協会ホームページ)

 

日本における投資信託は、契約型と会社型(投資法人)に大別できます。このうち契約型は、委託者指図型投資信託と、委託者非指図型投資信託に分かれます。
わが国で主流となっている委託者指図型投資信託の場合、委託者(投信会社)・受託者(信託銀行等)・受益者(ファンドの保有者)の3者で構成され、委託者と受託者との信託契約により受託者が委託者の指図のもとで信託財産を運用し、その受益権(ファンドの保有者の権利)を受益者が取得する仕組みとなっています。
【受益者】ファンドの保有者です。信託報酬等を負担しますが運用成果(損失・利益とも)はすべて受益者のものです。また収益分配を受ける権利等を持ちます。
【受託者】証券会社や金融機関を通じて集められた資金は、委託者を経由することなく受託者(信託銀行等)の管理する口座に送金されます。委託者の指示で運用するほか、ファンドの資産の管理を行ないます。ファンドの資産は信託財産として分別管理されているので、受託者、委託者、販売会社の破綻リスクから隔離されています。
【委託会社】ファンドの実質的な運用者です。運用方針にもとづき受託者に運用の指図をします。基準価額を計算し、投資家のために投資信託説明書(目論見書)を作成します。また受益者のために運用報告書や適時開示のレポート等を作成します。
【販売会社】受益者のための窓口になります。証券会社や登録を受けた金融機関です。受益者の情報は、販売会社しか保有していません。商品説明や投資アドバイス等のほか投資信託説明書(目論見書)の交付、運用報告書の受益者への送付等、投資家や受益者へのサービスを行ないます。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

投資信託は設定形態の違いによって、会社型投資信託と契約型投資信託の2つに分類することができます。投資家(受益者)から預かったファンドの信託財産の保管や管理を行う信託銀行などの受託者と、ファンドの運用を実際に行う投資信託会社などの委託者が、信託契約を結ぶことによって組成され、運用される投資信託のことを契約型投資信託と呼びます。日本で現在設定されているものではこの契約型の投資信託が主流になっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)