銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

血族とは

血縁のある者、および法律上血縁があると同視される者のことを血族という。血族には、自然血族と法定血族がある。なお、配偶者は血縁のある者ではないため、血族には含まれない。

(出典 野村證券ホームページ)

 

血縁関係にある人のこと。
ただし、民法(727条)では養子縁組によって発生する親族も「血族」と同じ扱いをしています。
⇔姻族

非嫡出子の場合、父親との間で生物学的な血縁関係はありますが、法的には父親の認知があって初めて父親と血族関係になります。なお、法律上の「親族」とは、すべての親戚を指すわけではなく、6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族のことを指します。

(出典 大和証券ホームページ)

 

出生による血のつながりのある者のことです。一般的に言われている血縁者のことです。生物学上の血のつながりはないが、養親子関係も血族に含まれます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

血族とは、自然のものと法定のものがあり、どちらも血縁関係があると認められるものです。自然のものでは、本人の子供や親のように、本当の血の繋がりがある場合を言います。また、法定のものでは、養子縁組などをした場合に、本人とその養子との間に、自然のものと同等の血族関係が認められます。これらのことは、相続関係でとても重要になる事項なので、相続をする際には知っておきたい法律です。養子にもいろんな形式の養子があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)