銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

限月とは

限月とは、先物取引やオプション取引において、先物の期限が満了する月のこと。例えば、3月に期限が満了する取引であれば3月が限月であり、「3月限(ギリ)」という言い方をします。現在、日本の債券・株式先物取引の限月は3、6、9、12月で、オプション取引の限月は毎月となっています。期限が満了となる最終決済価格決定日、または、特別清算日のことを一般にSQ日(SQ=Special Quotation、特別清算指数)と呼び、原則として限月の第2金曜日となっています。なお、限月という言葉は通常、取引所で取引される商品に使われる言葉で、店頭取引等の場合は満期日、行使権限日などと呼ばれます。

ワンポイント
毎年3、6、9、12月のSQ日(第2金曜日)、またはその前日は、先物とオプションの決済がからんだ取引が活発になり、取引量も増加する傾向にあります。先物やオプションの市場動向が現物の市場に与える影響も大きいので、年4回の限月のSQ日は要注意だといえるでしょう。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

オプション取引や先物取引は取引できる期間が決まっており、この満期月を限月と呼ぶ。 国内では、オプション取引は毎月が限月となり、先物取引では、3月、6月、9月、12月が限月となる。清算しなければならない満期日の清算価格を特別清算指数SQ(Special Quotation)と呼び、満期日の前営業日である取引最終日まで反対売買をしない場合は、当初の売買価格とSQ値との差額で自動的に決済される。また、次の限月以降も建て玉を継続するために、期限を乗り換えることをロールオーバーという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

先物取引やオプション取引の受け渡し最終決済月のこと。国内の主要な先物・オプション取引は、3、6、9、12月を限月としていますが、商品によって取引限月の数は異なります。各月の第二金曜日の前日までに、反対売買によって決済しなければなりません。決済されなかった建玉は、特別清算指数(SQ)で強制的に決済(清算)されます。最も近い限月を「期近物(当限)」、それより先になるもの「期先物」といいます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

限月とは未来の契約をする先物取引やオプション取引において使われるシステムの未来の契約であるその契約をする満期月のことを指します。このような期限を設けることが取引上どのような物であるかと言えば先の取引をすることにおいて年単位による長期的な契約をすることを防ぐことが主な役割であり、期間が長ければ長いほど商品が届かないリスクも増大し、実際に商品が届く取引の成立をする期間を短くすることによって商品が届かないリスクを軽減してくれる役割が限月というシステムを採用するメリットになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

先物・オプション取引で、取引できる期限の月のことです。
日経225先物取引では、3月、6月、9月及び12月のうち、(1)5年先までの6月と12月の10限月と(2)1年6か月先までの3月と9月の直近3限月が取引されます。
日経225mini取引では、上述の他に、四半期限月以外の直近3限月が取引されます。
また、日経225オプション取引では、3月、6月、9月及び12月のうち、(1)5年先までの6月と12月の10限月と(2)1年6か月先までの3月と9月の3限月に加え、(3)3月、6月、9月及び12月以外の直近6限月の合計19の限月取引が並行して行われます。

(出典 日本取引所グループホームページ)

 

先物取引やオプション取引で最終決済をする月のこと。この月の取引最終日まで転売・買戻しにより決済されなかった建玉を、取り決めた値段で取引し、決済します。

日本の先物取引の限月は、国債と株価指数の場合、3月・6月・9月・12月です。これらの先物のオプション取引の限月は毎月です。

これらの先物やオプション取引を行なった投資家は、取引最終日までに反対売買(※)することで、損益を確定することができます。
取引最終日までに反対売買により決済を行なわなかった場合は、株価指数先物取引の場合、取引最終日翌日に発表される特別清算指数を利用して決済します。国債先物取引の場合は、受渡決済期日に売買代金および現物国債の受け渡しによって決済が行われます。

※買い建てた先物やオプションは売却し、売り建てたものは買戻すことで、資金を決済します。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

「限月」とは、商品先物取引(以下、先物取引)の用語で「ゲンゲツ」と読み、取引を決済しなければならない「期限の月」のことです。ちなみに「COMEX 金2月限」というのは、「COMEX金2月限月価格」の略称でCOMEX金市場における2月限月の金先物価格を意味しています。
ところで、なぜここで先物用語を取り上げるかと言えば、一般に現物市場は先物市場の動向に強く影響を受けるからです。分かりやすく「金」の現物取引と先物取引との比較でご説明しましょう。 現物取引の場合は、売買ともに基本的には注文時点で「決済」と「現物受け渡し」が同時に発生します。したがって、買い時と売り時の判断が重要となります。 ただ、買い付けた金は資産としていつまでも保有できますし、売却も気が向いた時に行なうことができます。損失を被りたくなければ、価格が上がるまで待って売却すれば良い訳です。
これに対して、先物取引の場合は、将来の一定期日(限月)に一定の条件で現物受け渡し(現物の授受)を約束する取引、または将来の一定期日に受け渡しを行 なわず反対売買(商品の転売や買い戻し)によって手仕舞う(差金決済によって取引を完結する)取引を意味します。したがって、取引注文をする時点では「決済」も「現物受け渡し」も発生しませんし、少ない資金(証拠金)で大きな取引を行なうことも可能です。しかしその反面、状況によっては証拠金の追加が必要になりますし、期限(限月)が来れば損益にかかわらず決済しなければなりません。きわめて投機性の高い取引であることを認識しておくことが肝要です。

(出典 三菱マテリアルホームページ)

 

商品先物取引では、半年、1年先の取引が行われます。

その際、1ヵ月とか2ヵ月とかいった区切りを設けて決済時期を決めています。
取引では、どの決済期限の月のものを取引するかを決めることが出来ます。

この決済期限の月を「限月」(げんげつ)と呼びます。

そして決済日が当月のものを「当月限」(とうげつぎり)または「当限」(とうぎり)と呼び、その後に続くものを2番限(にばんぎり)、3番限、4番限、5番限・・・というように呼びます。
さらに、決済期限が近い限月のものから「期近」(きぢか)、「期中」(きなか)、「期先」(きさき)と呼びます。

また、限月には「納会」(のうかい)というものがあります。決済限月の最終取引日をいいます。この日は当限の契約の全てが清算される日であり、「当限落ち」ともいわれます。
ちなみに建玉(詳細は下)があれば、この納会の前で強制的に決済(清算)されることになります。

(出典 楽天証券ホームページ)