銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

現先取引とは

現先取引とは、債券を一定期間後に一定の価格で買い戻す、もしくは売り戻すことを条件として、売買する取引のことです。期間は短いもので1日、長いものだと数カ月のものもあります。売り手が買い戻す約束をしている場合は、売り現先、買い手が売り戻す約束をしている場合は、買い現先と呼ばれます。メリットとしては売り手は債券を売ることによって、短期の資金調達ができることであり、買い手は一定期間、債券を保有することによって、その期間に応じた利回りを得られることです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

債券などを一定期間後に一定の価格で買い戻す(売り戻す)ことを、あらかじめ約束して売買する取引のこと。
売り手と買い手が合意のうえ、一定期間の利回りを市中金利の変動とは関係なく事前に確定してしまう仕組みです。売り手から見た場合を「売り現先」、買い手から見た場合を「買い現先」と呼び、売り手は一定期間の資金調達手段、買い手は一定期間の資金運用手段として利用されています。期間は短いもので1日、長いもので数カ月となっています。実質的には、短期金融市場での債券を担保とした金融機関同士の資金の貸し借りといった性格の取引です。このため、国債の現先取引は、日銀の公開市場操作(オぺレーション)の対象のひとつとなっています。レポ取引が現金を担保に債券を貸し借りするのに対して、現先取引は債券を担保に現金を貸し借りするというものです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

債券を一定期間後に買い戻す、あるいは売り戻すことを条件に、売買する取引をいう。
期間は短いもので1日、長いもので数カ月となっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

現先と同意。債券を一定期間後に一定価格で買い戻す、または売り戻すことを条件に、取引をおこなう方法のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

一定期間後に一定の価格で売り戻す、あるいは買い戻すことを条件にして債券などを買ったり(買現先)、売ったり(売現先)する取引のことです。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)