銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

建設国債とは

普通国債の一種で、財政法のただし書きにより、公共事業費、出資金および貸付金の財源について例外的に発行が認められている国債のこと。
建設国債は、国会の議決を経た金額の範囲内で発行できるとされており、その発行限度額は、一般会計予算総則に計上されています。 また、公共事業費の範囲についても国会の議決を経る必要があり、同じく一般会計予算総則に規定されています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

公共事業、出資金及び貸付金の財源を調達するため、例外的に発行が認められる国債のこと。

財政法第4条第1項では「国の歳出は原則として国債又は借入金以外の歳入をもって賄うこと」とされているが、財政法第4条第1項ただし書きに基づき、「建設国債」の発行が国会の議決を経た金額の範囲内で認められる。発行限度額は、一般会計予算総則に計上されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

普通国債の一種で、財政法のただし書きにより、公共事業費、出資金および貸付金の財源について例外的に発行が認められている国債のこと。建設国債は、国会の議決を経た金額の範囲内で発行できるとされており、その発行限度額は、一般会計予算総則に計上されています。 また、公共事業費の範囲についても国会の議決を経る必要があり、同じく一般会計予算総則に規定されています。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

赤字国債の中にも特例国債と建設国債があります。赤字国債の発行は本来認められていませんが、公共事業以外の財源を確保するため、1年毎の特例法を制定し特例国債が発行されています。この特例国債に対して公共事業の財源に当てる場合のみ、財政法上例外的に認められている国債として建設国債が発行されています。発行するには国会の議決を経た金額内でのみ認められており、この発行限度額は一般会計予算総則に計上されることとなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)