銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

限定承認とは

被相続人が残した財産のうち、債務などのマイナスの財産がプラスの財産より多い場合、相続によって得たプラスの財産の限度においてだけ、被相続人の債務および遺贈を弁済する相続形態のこと。どんなに債務が大きくても、相続財産を超えて弁済する義務はなくなる。一連の清算手続き(債権者などに対する催告や公告、財産の競売、弁済など)が必要。限定承認を行う場合は、相続開始を知った時から3ヵ月以内に相続人全員で家庭裁判所に申述する。この期間を過ぎると単純承認したことになる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

遺産を相続する際に、負債金額がはっきりしない場合、単純相続では被相続人の債務すべてに弁済義務を負うことになる。そのような場合に、相続する財産の範囲内で、債務を弁済するという条件付きで、相続を承認すること。
限定承認を行うには、相続人の全員が共同して、相続の開始があったことを知ってから3カ月以内に、財産目録を作成し、家庭裁判所に申述べをしなければならない。
ちなみに、限定承認または相続放棄のどちらも選択しなかった場合の相続人は、被相続人の債権債務を無限定に継承する単純承認をしたこととみなされる。

(出典 野村不動産アーバンネットホームページ)

 

相続を受けた人が、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐことです。限定承認を選択する場合は、自己のために相続の開始があったことを知った日から3カ月以内に、相続人全員が共同で被相続人の住所地の家庭裁判所に申述する必要があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

相続によって得た財産の範囲内においてだけ、被相続人の債務および遺贈を弁済する相続形態のことです。
限定承認をしていれば、相続したプラスの財産より多いマイナスの財産の部分は返済しなくてもかまいません。限定承認を選択する場合、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に被相続人の住所地の家庭裁判所に申告する必要があります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

相続人が、相続によって得たプラスの財産の範囲で被相続人の負っていた債務または遺贈を弁済し、財産が残ればそれを相続するという相続方法のこと。
相続した資産の範囲内で負債を弁済すればよいため、相続人自身の財産まで弁済にあてる必要がないというメリットがあり、債務がどの程度あるか分からないので単純承認するのは不安だという場合に利用されます。相続開始を知った日から3カ月の熟慮期間に相続人全員で家庭裁判所に申し立てることが必要です。「限定相続」という場合もあります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

限定承認とは、相続をする時に発生した財産のうちマイナスの財産である負債等が相続によって発生したプラスの分の財産の限度まで被相続人が債務を弁済する相続形態の一種を指します。何故このようなシステムが存在するかと言えばそれは死亡することによって発生する債務が不履行になり可能性を回避することやこの承認を相続人全員で家庭裁判所に出すことによって負債すべてを相続することから回避することが出来る点などが限定承認というシステムが存在する理由になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)