銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

検認とは

遺言書を作成した者が死亡した場合、遺言書を預かっていた者、あるいは発見した相続人は、遅滞なく家庭裁判所に「遺言書の検認」を申し立てる必要があります。この「検認」とは、相続人等に対し遺言の存在を通知するとともに、遺言書の形状や内容等を明確にし、後日の偽造・変造・隠匿・滅失等を防止し、遺言書を確実に保存するため(証拠保全)の手続きです。また、「検認」は証拠保全にすぎないので、遺言書の有効性を判断する手続きではありません。
家庭裁判所では、「検認」が終了すると、その結果を「検認調書」に記載します。この「検認調書」は、検認終了の証明のことです。
なお、公正証書遺言は、偽造・変造の恐れがないものとして「検認」を申し立てる必要はありません。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

家庭裁判所が遺言書の存在および内容を確認し、遺言書の保存を確実にして、後日の変造・隠匿・滅失に備える、一種の証拠保全手続きのことを検認という。検認は、遺言書自体の有効性を問うものではない。また、どのような筆記用具で、どのようなことが書かれ、日付・署名・印はどのようになっているかなどが検認調書に記載され、遺言書の写しが添付される。

なお、公正証書遺言については、偽造・変造の恐れがないものとして、検認は不要とされている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

検認については、遺言書自体の有効性を問うものではなく、家庭裁判所が遺言書の存在や内容を確認し、遺言書の保存を確実にして、その後の変造や隠匿の他滅失に備えるという証拠保全手続きのことを言います。さらに、そこで使用される筆記用具で、どんな内容が書かれたか、日付や署名や印はどうなっているのかなどが、その検認調書に記載されて、遺言書の写しが添付されます。ちなみに、公正証書の遺言は、偽造やその変造の恐れがないとして、検認は行わなくても良いとされます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など遺言書の内容を確認し、遺言書の偽造・変造を防止するための手続きのことです。
ただし遺言書の有効性を審査する手続きではありません。検認は、遺言書の存在を相続人ほかの利害関係人に知らせる目的もあります。なお、公正証書遺言については、偽造・変造の恐れがないものとして、検認不要とされています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)