銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

現引とは

信用取引の決済方法のひとつで、買い建てた株式を決済するときに、反対売買により差額決済をするのではなく、自分の手元にある現金で、株式を引き取ることを「現引き」といいます(「品受け」とも呼ばれます)。制度信用取引の場合、6カ月という決済の期限がありますが、その間に思い通りに株価が上がらなかった場合などに、引き続きその株式を保有するために利用する方法です。逆に、信用取引で売り建てた株式を、反対売買で差額決済するのではなく、もともと保有していた同銘柄の株式や、他の方法で取得した同銘柄の株式を差し入れる方法を「現渡し(げんわたし)」といいます。

ワンポイント
少ない資金(または代用有価証券)を担保として、レバレッジ(てこの原理)の効いた取引ができるのが信用取引の特徴です。そのため、信用取引では短期売買を前提としています。また、買い方には、借りた資金に利息がかかってきます。投資戦略が変わり、短期売買から長期保有に切り替えた場合には、手元の現金で現引きしてしまうことで、保有コストを抑えることができます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

信用取引で買い建てている銘柄を転売せずに代金を支払って現株を引き取ることをいいます。「品受け」と同意です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

信用取引等の決済方法(=弁済)で、買い建ての株式を決済するときに、買い付けた代金を渡して、株式を受け取ることをいう。品受けとも呼ぶ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

現引とは、信用取引等の決済方法(=弁済)で、買い建ての株式を決済するときに、買い付けた代金を渡して、株式を受け取ることをいう。品受けとも呼ぶ。

現引とは、証券会社または証券金融会社からお金を借りて株取引をします。お金を借りているため、信用取引を手仕舞いするか借りたお金を返済して株券を引き受けるまでは金利が発生しますが、それを現金や株券で返済することをいいます。一般的に、返済期限が来たとしても、将来的に株価が上がると予想した場合は現引きをする手法を取ります。返済期限内に株価が上がらないか、上がっても長期間かかると予想される場合は、金利の発生により維持管理コストがかかるため、手仕舞いするといった方法が取られます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

信用取引の買い建玉(たてぎょく)の返済方法の1つです。品受(しなうけ)とも呼ばれます。

買い建てている銘柄を売却せずに別資金で融資を受けている資金(建て代金)を返済し、買い建てていた銘柄の現物株を受け取る方法です。

また、買い建玉の返済方法には「返済売り(へんさいうり)」という方法もあります。

(出典 丸三証券ホームページ)

 

信用取引の決済方法のひとつで、買い建玉の決済の際に、反対売買による差金決済ではなく、現金を支払って株式の現物を引き取ること。
売り建玉の決済に際して、現物を渡して手仕舞うことを「現渡し」といいます。

(出典 大和証券ホームページ)