銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

現物(げんぶつ)とは

現物とは、実際に受渡しすることができる株式など、有価証券そのものを指します。株取引には信用と現物と2つの取引方法があります。取引方法は現金で指値をし、株を保有して自身のお金を使って株を購入し、現物株として保有するもので、一方、信用取引とは、一定の株式を所有することで、余力金が不足していても証券会社にお金を借りて株を購入し、信用取引枠を利用して株取引を行うもので、所有する株が担保となり、返済が完了する間は日歩が掛かるものです。現物取引は一般的な投資目的として行われ、信用株はプロにより行われることが多いです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

実際に受渡しすることができる株式など。有価証券そのもの。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式市場では株券、商品取引では取引した商品のこと。
先物取引や信用取引に対して、現物取引のことを「現物」という場合もあります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

現物とは、株式取引や有価証券取引で実際に受け渡しできる株式、または有価証券そのもの。信用取引や先物取引で取引されるものと対比して、現在取引されているもの(株式なと)を現物という。また、現物取引を略して現物ということも多い。 なお、対義語に先物がある。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)