銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

権利落相場とは

権利落相場は、株主として得ることのできる権利(株式分割や配当・株主優待など)を確保できる最終売買日の翌営業日を指します。権利を得るには、各企業が決めている権利確定日に株主として株主名簿に記載されていることが必要で、権利確定日の4営業日前までに購入することが条件です。権利付最終日に向かって株価が上がる傾向にありますが、翌営業日である権利落ち日は配当や優待目的で購入していた投資家が売ることもあり、株価が下落する場合もあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株式分割や配当金など、株式に付随する株主の権利を、株主として確保することができる最終売買日の翌日の相場のことをいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式分割や配当金など、株主の権利を確保することができる権利付最終日の翌営業日の相場のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)