銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

権利行使価格とは

オプション取引で、オプションの買い手が権利を行使する際にあらかじめ決められた原資産の価格のこと。
「ストライクプライス」「エクサイズプライス」ともいいます。コールオプションの場合は購入価格、プットオプションの場合は売却価格を指します。オプションの買い手が権利行使をする場合は、オプションの売り手は権利行使価格で原資産の売買に応じなければなりません。

(出典 大和証券ホームページ)

 

ワラントやオプション取引等で、保有者が権利を行使するときの価格のことをさす。
価格は、その時の市場価格に関係なく、あらかじめ決められている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

オプションの保有者が、契約で定められた期日・期間内に、有価証券や商品を購入、あるいは売却する契約上の価格のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

将来の一定の期日までに基礎商品を特定の価格で売り付け・買い付けする権利の取引であるオプション取引や、発行会社の株式を一定の価格で決められた期間内に取得できる権利を持つ有価証券であるワラントなどの取引において、それらの保有者が権利を行使する時の価格を権利行使価格といいます。通常の株式取引等と違ってオプション取引やワラントなどの権利を行使する価格は、その時の市場価格に関係なく、あらかじめ決められています。

(出典 東海東京証券ホームページ)