銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

コーポレートアクションとは

コーポレートアクションとは、企業の行動という意味であるが、具体的には企業の有価証券に影響を及ぼす財務活動上の意思決定のことを言います。増資や新株発行・第三者割当増資などが含まれます。より大きいイベントでいったら会社の合併や他企業を買収することも含まれます。マーケットの状態によっては、企業が保有している有価証券の価格にかなりのマイナスの影響を及ぼすことがあります。例を挙げると、思いもよらない特別損失を計上することです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

社債、株式等有価証券の配当、株式分割、株主割当増資、第三者割当増資、会社合併等といった、有価証券発行企業の財務上の意思決定をいう。これらは、有価証券の価値(株数、価格等)に影響を及ぼすことから、資産管理機関は適切に情報収集等の管理業務を行うことが求められる。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

会社合併、第三者割当増資、株主割当増資、株式分割等の、有価証券を発行している企業の財務上の意思決定のことです。これらは、保有している有価証券の価値(株数、価格等)に影響を与えます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)