銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

コールオプションとは

ある商品を将来のある期日までに、その時の市場価格に関係なくあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利のこと。

コールオプションの取引は、買い方(買うことができる権利を買う)と売り方(買うことができる権利を売る)が同時に存在する。

新規に取引を開始する際には、買方はプレミアム(オプション価格)を支払い、一方売方はプレミアムを受取る。その後決済時等に、買方が権利を行使すると、対象とする商品を権利行使価格で手に入れることができる。一方、売方はこの権利行使に応じなくてはならない。

(出典 野村證券ホームページ)

 

オプション取引のひとつで、特定の原資産について、一定の期日(期間内)に、あらかじめ決められた数量を、あらかじめ決められた価格で、「買う権利」のこと。
コールオプションの買い手はオプション料と引き換えにオプションの権利を得ることができます。売り手はオプション料を受け取る代わりに買い手が権利行使した場合に応じる義務が発生します。
⇔プットオプション

(出典 大和証券ホームページ)

 

「オプション取引」において、買い付ける権利を「コールオプション」といいます。
コールオプションの場合は、買い手は、権利行使価格で買い付ける権利を取得し、対価としてプレミアムを支払います。一方、売り手は、プレミアムを受け取る代わりに、買い手から請求があったとき、権利行使価格で売り渡す義務があります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

選択権を売買するオプション取引において、「買い付けの選択権」をコール・オプションといいます。

コール・オプション(買い付けの権利)の買い手は、権利行使日(または期間中)にあらかじめ定められた価格(行使価格・ストライクプライス)で、あらかじめ定められた有価証券を購入することができます。
権利行使日に、権利の行使対象の価格が行使価格を下回っていた場合は、保有する権利を放棄することができます。
~例 ○○株価指数先物のコール・オプション~売買の別:買い
権利の行使価格:10,000円
オプション料(プレミアム=価格):100円
売買枚数:1枚
権利行使日の先物価格(清算価格)が11,000円の場合
→ 10,000円で買い付ける権利を「行使」します。
→ 差額(1,000円)を受け取ります。
取引結果:オプション料として支払った100円を引いた900円のプラス。
権利行使日の先物価格(清算価格)が9,000円の場合
→ 10,000円で買い付ける権利を「放棄」します。
取引結果:オプション料分の100円のマイナス。
※上記は手数料や税金等を考慮していません。実際の損益とは異なります。

権利行使日まで保有する必要はなく、途中でコール・オプションを転売することも可能です。この場合市場で決まったオプション価格での売却となります。

コール・オプションの売り手は、オプション料を手にすることができますが、買い手に権利行使をされた場合は、それに応じなければなりません。権利行使日に権利行使がなかった場合は、コール・オプションの売却時に得たオプション料が売り手の利益となります。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

コール・オプションとは、指定した証券や商品を、予め決められた価格(行使価格)で予め決められた期間(行使期間)に買う権利。買う権利(コール・オプション)に対し、売る権利(プット・オプション)もある。いずれも「権利」であり、それを行使する義務はない。

例えば、現時点で100円のA社の株式を保有したいとする。しかし実際に購入すると将来的に株価下落のリスクを負うことになる。そこで、行使価格100円・行使期間1年のコール・オプションを買うと「1年後に100円でA社の株を買う権利」を手に入れたことになる。

もし株価が120円に上昇した場合、コール・オプションを行使してA社の株式を100円で購入し、市場で売却すれば20円の利益を得られる。一方、株価が80円に下落したら、コール・オプションを行使して100円で購入する意味がないので、行使しない(権利は無価値)。

なお、メリットを享受できることの対価として、保険料に相当する「オプション・プレミアム」を支払わねばならない。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

コールオプションとは、株式や商品などを指定の期日において指定の金額で購入できる権利を売買するオプション取引です。その期日が来るまでの間、その原資となる金融商品の価格の上下動によってオプションの価格も連動して動くことになります。そして期日を迎える日に、原資の価格が設定金額を割り込むことになると、コールオプションの価値も無くなるという特徴があります。売り出しの際にはプレミアムが価格に上乗せされており、期日が近づくにつれてそのプレミアム価格は下がります。

(出典 東海東京証券ホームページ)