銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

コール市場とは

金融機関同士が短期の資金を融通し合う市場で、インターバンク市場を構成する市場のひとつです。コールという呼称は「呼べば応える」という意味で、金融機関にとって短期の資金の貸し借りの場です。一般的に銀行は、預金など短期の資金を受け入れ、企業や個人に長期で貸し出しており、長期の貸し出しが多くなると、預金の払い戻しなどの短期の資金が足りなくなることがあり、資金が手元で余っている他の金融機関から借りることになります。コール市場において最も代表的な取引が「無担保コール翌日物」で、これは無担保で資金を借りて翌日に返済する取引です。この取引に適用される金利が「無担保コール翌日物金利(オーバーナイト・レート)」です。この金利は現在の日本銀行の政策金利としても機能しています。

ワンポイント
コール市場では、資金の出し手(貸し手)が供給する資金をコールローン、資金の取り手(借り手)が調達する資金のことをコールマネーと呼びます。金融機関は毎日のように資金が余ればコールで運用し、資金が不足すればコールで資金調達しています。コール市場の最大の資金の出し手は信託銀行(投資信託等を含む)、取り手は都市銀行等です。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

とても短い期間、金融機関の間でお金の貸し出しが行なわれる市場のこと。短期金融市場の代表ともいえる。ゼロ金利政策を受けて、コール市場の代表的な取引である「無担保コール翌日物金利」の水準は実質的にゼロ%水準で推移している。コール市場は銀行間市場といって、銀行をはじめとする金融機関同士が短期の資金の貸し借りを行なう市場です。したがって個人は参加できませんが、MMFやMRFなどの公社債型投資信託はコールも投資対象になっているため、間接的にコール市場での運用が可能です。コール市場の残高が減少すると、資金調達圧力が高まり、コール金利が上昇しやすくなる反面、コール市場残高が増加すれば、コール金利は低下しやすくなります。コール市場残高は新聞のマーケット欄などに掲載されているので、参考にしてください。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

インターバンク市場のひとつで、金融機関同士が短期資金の貸し借りを行っている市場。呼べばすぐに応えることからコール(call)という名前が付いています。コール取引には担保を必要とする有担保コールと、担保を必要としない無担保コールがあります。現在の日本の政策金利は無担保コール翌日物(オーバーナイト物)で、日本銀行はコール市場に資金を大量に供給して、無担保コール翌日物の金利をほぼゼロに近い状態にまで低くする「ゼロ金利政策」をとっています。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

短期金融市場の代表。「コール」というのは英語で「call」であり、呼べばすぐ返ってくるほど短期間の貸し出しをするため、こう呼ばれている。コール市場の参加者は、金融機関に限定されている。
金融機関では、毎日、多額の資金が余ったり不足したりするので、一日一日の運用は極めて重要である。コール市場では、そういった非常に短い期間でのお金の貸し借りが金融機関同士で行われており、その取引を短資会社が仲介している。
コール市場での取引の中には、一番短いもので、今日借りて(貸して)、明日返す(返済してもらう)「無担保コール翌日物」という取引があり、この時の貸し借りの金利は、無担保コール翌日物金利と呼ばれている。
かつては公定歩合の操作が金融政策の根幹であった。しかし、コール市場の拡大などで、金融機関の日銀借り入れの残高が減少し、今では、公定歩合より無担保コール翌日物の金利の方が経済への影響は大きく、日銀も重視している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

コール市場とは短期金融市場の代表であり、金融機関同士で短期資金の貸し借りを行う市場のことです。
コール市場の取引としては、一番短いもので、今日借りて(貸して)明日返す(返済してもらう)一泊だけの「無担保コール翌日物」という取引があり、この時の金利を無担保コール翌日物金利と呼びます。現在では、コール市場の拡大などにより、無担保コール翌日物金利の経済への影響が大きく日銀も重要視しています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

インターバンク市場とは、銀行間取引市場のことを指し、銀行のみが参加できる短期資金や手形、外貨を取引する市場のことです。物理的な市場があるわけではなく、電話やオンラインで取引を行なっており、このように銀行間で直接取引が行なわれることをダイレクトディーリングといいます。
外国為替取引においては、このインターバンク市場の取引レートを基準にしています。

インターバンク市場のうち短期資金を扱うコール市場は100年ほどの伝統のある市場で、主に銀行が日々の業務で発生する資金の過不足を、相互に調整しあうような形で生まれました。
呼べば答えるという形でごく短期の資金調達を行なうため、コール市場と呼ばれています。
金融恐慌以来、有担保での取引が定められていましたが、金融緩和によって無担保での取引が増加しています。

(出典 楽天証券ホームページ)