銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ゴールデンクロスとは

移動平均線の13週線と26週線の動きに注目する。

移動平均線は、株価の平均値をとる期間が異なれば当然違った形状になる。26週線が上昇局面または横ばいの状態にあるとき、13週線が26週線の下から上へ突き抜けることを、一般的にゴールデンクロスと呼ぶ。

ゴールデンクロスは、買い場といわれているが絶対的なものではない。基本的なチャートの見方としての参考となる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に交差して抜けること。相場の上昇期入りのシグナルとされています。短期の移動平均線が中期の移動平均線を下から上に交差して抜けることは「ミニゴールデンクロス」と呼んでいます。
⇔デッドクロス

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

短期移動平均線が長期移動平均線を上回る現象を示します。ゴールデンクロスが示現するとトレンドの基調は「上昇トレンドへ転換した」という買いサインとされます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

長期の移動平均線を、短期の移動平均線が下から上に突き抜けたとき(交差したとき)を、ゴールデンクロスと呼びます。
これから相場が上昇傾向になるかもしれないという買いサインのひとつとして、相場の方向性の手掛かりになるものと考えられています。ただし、確実に上昇するとはいい切れないため、株価や為替などの価格と組み合わせて判断することが大切です。
ゴールデンクロスは、移動平均線だけでなく、MACDやストキャスティクスなどのチャート分析にも用いられています。

ワンポイント
相場が大きく動くときには、ゴールデンクロスになることがありますが、ゴールデンクロスになったからといって相場が大きく動くわけではないというのが、チャート分析の難しいところです。ただし、相場の動きを視覚的に捉えることができるわかりやすいサインですので、ゴールデンクロスになった後に、実際相場が上昇したのかを確認することで、相場感をつける訓練をしてみるといいですね。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

短期の移動平均線が上昇しながら中期の移動平均線を下から上へ突き抜けたり、中期の移動平均線が上昇しながら長期の移動平均線を下から上へ突き抜けたりすること。上昇相場入りの確認となる。用語の使用例短期線が長期線を下から上に突き抜けるゴールデンクロスが出現。もっと知りたい!テクニカル分析をする際には、一般的に株式市場では、短期線は5日、中期線は25日、長期線は75日や100日、200日の移動平均線が利用されている場合が多いといえます。そして、移動平均線と株価との位置関係から重要なトレンドの転換を察知することができ、売買のシグナルとしています。最も有名なのが「ゴールデンクロス」で、長期移動平均線を短期移動平均線が上に抜けたことを指し、買いのサインになります。一方、長期移動平均線を短期移動平均線が下に抜けたことを「デッドクロス」といい、売りのサインとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株価の動きを示すグラフ(チャート)において、中期線が長期線を下から突き抜けること。上昇相場に入ったことを示すシグナルとして利用されている。

解説
過去の経験則では、株価が底入れから上昇に転じると、まず短期線から上向きに転じ、株価の上昇が続くに従って中期線・長期線が上昇基調に転じる。そして、それまでは上から長期線、中期線、短期線となっていたものが、上から短期線、中期線、長期線の順番に入れ替わる。

(出典 日本証券業協会ホームページ)