銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

コールローン(Call loan)とは

金融機関や証券会社相互間のきわめて短期(通常1日)の資金の貸し借りを行う場をコール市場と呼び、コールローンとは、資金の貸し手側から見た場合で、反対に借り手側から見た場合はコールマネーという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

コールローンとは、ごく短期(1ヶ月程)の資金の貸借を行うコール市場において金融機関同士が取引を行うとき、資金を運用する側(貸し手側)から見た場合のお金の運用取引のことをいいます。逆に資金を調達する側(借り手側)から見た場合のお金の調達取引のことをコールマネーといいます。いずれも日本的な呼び名で、英語ではこのような短期貸しのことをmoney at callといいます。投資信託では短期の資金運用にコールローンが活用されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

金融機関同士でごく短期(1日など)の資金の貸借を行なう場をコール市場と呼びます。コール・ローンとは、資金の出し手(貸し出)側から見た場合で、反対に取り手(借り手)側から見た場合はコール・マネーといいます。

投資信託委託会社も、運用の一部としてコール・ローンを活用(出し手になる)します。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

金融機関相互の極めて短い期間の資金の貸し借りをコールローンと言います。資金の貸し手側ではコールローンといい、資金の借り手側ではコールマネーと言います。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

コール・ローン/コール・マネー
英)Call loan/Call money

コール市場で、資金を貸す(運用する)のをコール・ローン、資金を借りるのをコール・マネーといいます。

(出典 野村アセットマネジメントホームページ)

 

金融機関の間で行われる短期的な資金の貸借取引で、貸し手側から見た運用資金のことです。

(出典 三井住友トラスト・アセットマネジメント)

 

2他の金融機関に対して行う短期間(1日~2週間程度)の貸付で、一時的な余裕資金の運用手段として行っています。

(出典 生命保険協会ホームページ)