銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公開買付代理人とは

公開買付けにより、買付会社が株券等の買付けをおこなう場合に、買付対象会社の株券等の保管・返還や買付代金の支払等の事務を買付会社の代わりにおこなう代理人のこと。

金融商品取引法では、このような事務手続きをおこなう公開買付代理人を証券会社または金融機関の中から選ぶように定めている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

公開買付けにより、買付会社が株券等の買付けをおこなう際に、買付対象会社の株券等の保管・返還や買付代金の支払等の事務を買付会社の代わりにおこなう代理人(証券会社など金融機関)のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株式公開買い付けの際に、買い付け者の代わりに株券の管理などの事務を代行する代理人のこと。
証券会社または金融機関の中から選ぶよう金融商品取引法で規定されています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

公開買付代理人とは、TOBとも言われる公開買付けによって買付会社が株券などの買付けを行う場合に、買付対象会社の株券などの保管や返還、買付代金の支払い等の事務を買付会社の代わりに行う代理人のことを指します。事務手続きを行う公開買付代理人の人選については証券取引法において、証券会社または金融機関の中から選ぶように定められています。今後、外資系による日本企業のM&A加速が予想されているので、公開買付けが増え、代理人の役割もとても重要になってきます。

(出典 東海東京証券ホームページ)