銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公開価格とは

公開価格とは、特定の株主が持っていた株式を不特定の株主が入手できるように新しく売り出す価格のことを言います。公開にすると自由な取引が出来るようになるため、需要と供給によって株価が大きく変動することになります。価格を決める方法には、一般競争入札方式とブックビルディング方式の二つがあり、主に後者の方法が主流となっています。ブックビルディング方式とは、新たに公開予定の会社の公開価格を決定する方式のことです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

特定の株主のみが保有していた会社の株式を、不特定多数の投資家が自由に売買できるよう新たに公開する会社の株の公募・売り出し価格(=発行価格)のこと。価格を決める方法には、一般競争入札方式とブックビルディング方式があるが、現在はブックビルディング方式が主流となっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

取引所への上場と同時に行う募集又は売出しに係る株式等の発行価格又は売出価格のこと。
(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

株式を新規に公開した際の公募・売り出し価格のこと。株式の公開価格の決定方式としては、一般競争入札方式とブックビルディング方式がありますが、現在は、ブックビルディング方式による株式公開が主流となっています。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

上場前に不特定多数の投資家に購入してもらう価格

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)