銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公開市場操作とは

公開市場操作とは、日本銀行が短期金融市場で国債や手形、コマーシャルペーパーなどの売買を行って、市場に流通される通貨量を調節することを指します。公開市場操作の種類には、日本銀行が手形や債券を購入することにより金利を下げる買いオペレーション(いわゆる金融緩和)、それとは逆に売却することにより金利を上げる売りオペレーション(いわゆる金融引き締め)の二つが挙げられます。このようにして日本銀行が景気を操作しているのです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

日本銀行が、金融市場でCP(コマーシャル・ペーパー)や手形、国債などの売買を行い、市中に流通する通貨量(マネーストック)を調節することを公開市場操作という。 日本銀行が公開市場操作に伴い、金融市場で取引を行うことをオペレーションと呼び、その売買によって「買いオペレーション(買いオペ)」「売りオペレーション(売りオペ)」と呼んでいる。

公開市場操作は、金融市場での取引によって金融政策を行っているため、市場参加者に日本銀行の景況感をストレートに伝えられるという効果がある。最近では、金融調節機能や機動力を高めるために、オペレーションの対象も広がってきている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

中央銀行の金融調節の主な手段で、中央銀行が金融市場で民間金融機関との間で行う国債等の売買や資金貸し付けなどの取引のこと。「オペレーション」と呼ぶ場合が多く、略して「オペ」とも呼ばれます。日本のオペレーションには、大きく分けて、日本銀行による資金の貸し付けなど、短期金融市場に資金を供給するオペレーション(資金供給オペレーション)と、日本銀行が振り出す手形の売り出しや日本銀行が保有している国債の買い戻し条件付き売却など、短期金融市場から資金を吸収するオペレーション(資金吸収オペレーション)があります。これらのオペにより、金融市場の資金量(民間金融機関の日銀当座預金の総量)を増減させることで金融調整を行います。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)