銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公共債とは

国が発行する債券(国債)、地方自治体が発行する債券(地方債)、政府系の機関が発行する債券(政府機関債)をまとめて公共債と呼ぶ。国内債券は、「公共債」と民間企業が発行する「民間債」に分けられ、その両方を合わせたものを「公社債」という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

公共債とは国が発行する国債、地方自治体が発行する地方債、政府系の機関が発行する政府機関債などの総称です。公共債の特徴として一部の債券を除いて市中取引量が多いことから換金性に優れていることや、それら債券は非常に信用度が高い国や地方自治体といった公的セクターが発行元となっている比較的安全性の高いとされていることが特徴です。償還までの期間は様々で、個人向け商品については中短期のものが主力となっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

公共債とは、国、地方公共団体、政府機関が発行する債券を総称したものです。公共債は、一般的に資金調達手段として債券市場で発行され、利子と元本の支払いが国や地方公共団体によって保証されているため信用度が高く、個人向け国債が身近な公共債としてあげられます。国内債券は、一般に「公共債」と「民間債」に分けられ、両方を合わせたものを「公社債」といいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ) 

 

国、地方公共団体、政府関係機関などが発行する債券の総称。発行体が国や地方公共団体のため信用度が高く、流通量も多いため換金性に優れています。公共債と民間債を総称して「公社債」といいます。
⇔民間債

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

国が発行する債券を国債、地方公共団体が発行する債券を地方債といいます。
国債と地方債をまとめて「公共債」といいます。
公共債は償還日(=満期日)における元本の償還と利子の支払いが国や地方公共団体によって保証されていますので、信用度が高い債券です。

(出典 北海道銀行ホームページ)