銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

高裁四類型(こうさいよんるいけい )とは

企業価値を損なうような敵対的買収者に対し、対象となった企業の買収防衛策が認められるとされる4つのケースを指す。

2005年、ライブドアによるニッポン放送の買収を巡る訴訟で、株式を高値で対象企業に買い取らせる場合(グリーンメーラー)、焦土化経営が目的の場合、対象会社の資産を債務弁済原資として流用する場合、会社資産の売却益による高値売り抜けを目的とした場合の四類型に限り、敵対的買収の対抗手段として、東京高裁が新株予約権の発行を例外的に認めた。

2007年、米系投資ファンドのスティールパートナーズ(スティール社)がブルドックソースに株式公開買い付け(TOB)を仕掛けた際の訴訟において、東京高裁はスティール社を四類型にあたると判じた。

(出典 野村證券ホームページ)

 

高裁四類型とは企業が持つ価値に対して敵対的買収者がその価値を損なうような買収者に限り、企業の買収防衛策として認められる4つのケースを示します。どのような敵対的買収者に対して使用されるかと言えば例えば買収先が企業に参加する意思がなく買収した企業を関係者に対して高値で売りつける目的を持った買収者や買収した企業が持つ高額資産等を売却する事によって利益を上げる目的があるような買収者やまたはその企業を担保にする事で債務契約を行う買収者や企業が持つノウハウや顧客情報を目的にした買収者などが例として挙げられます。

(出典 東海東京証券ホームページ)