銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公社債とは

公社債とは、公共債と民間債を総称した呼び名です。債券全般のことを公社債と呼ぶこともあります。
国や地方公共団体が発行する債券が公共債、民間の企業や特定の金融機関が発行する債券が民間債です。
債券を保有している間は利息が支払われ、償還日には額面金額が払い戻されることから、株式に比べリスクが低いとされています。また、投資信託の運用商品としても組み込まれています。株式を一切組み入れず、公社債だけで運用する投資信託のことを、公社債投資信託といいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

国、地方公共団体、民間企業などが発行する債券で、利息の支払や元本・額面金額の償還が発行体により約束されているもの。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国債、地方債、社債などの総称。日銀は公社債市場への介入を通じて、もう一段の量的緩和を実施する方針を打ち出した。公社債の売買取引は証券会社を通じて取引所に注文を発注する「取引所取引」または相対で取引を行なう「店頭取引」がある。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

公社債とは、国や地方公共団体、民間企業などが発行する国債・地方債・社債などを合わせた債券の総称です。公社債は、発行体の違いによって国、地方自治体および公共機関の発行する「公共債」、民間企業が発行する「民間債」(社債)、外国の政府・政府関係機関、事業会社が発行する「外国債」(外債)の大きく3つに分けられます。さらに、公共債は「国債」、「地方債」、「政府関係機関債」分けられ、民間債は「事業債」、「金融債」に分けられます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

公社債(債券)は、資金調達をしようとする国や地方公共団体、企業など(発行体)が多数の投資家から資金を借入れる際に発行する、いわば「借用証書」です。発行体は、元本の返済と利息の支払いを約束しています。

公社債の仕組み
公社債は、発行体が発行時に定めた返済の期日(償還期日)までの期間中に一定の利子を支払うことを約束しています。

公社債の一般的なタイプでは、発行されるときに決められた金利(利率)が満期まで変わることなく支払われます(固定利付債)。基本的には購入した後、定期的に利子を受取り、満期時点で額面金額が返還(償還)される仕組みになっています。

また、満期以前の換金は売却(中途換金)によって行います。ただし、中途換金は、その時点の市場価格によるのが原則です。市場価格は日々変動しますので、購入時点の価格よりも、値上がりしていることもあれば、値下がりしていることもあります。

公社債の種類
発行体による分類
公社債は、発行体の違いによって、大きく3つに分けられます。国、地方自治体および公共機関の発行する「公共債」、民間企業が発行する「民間債」(いわゆる社債)、外国の政府・政府関係機関、事業会社が発行する「外国債」(いわゆる外債)があります。さらに、公共債は「国債」、「地方債」、「政府関係機関債」に、また、民間債は「事業債」、「金融債」に分けられます。

利払い方式による分類
公社債は、利払い方式によって、利付債と割引債に分けられます。

利付債は、発行されるときに決められた金利(利率)が満期まで変わることなく支払われる固定利付債が一般的です。そのほかに、その時々の市場金利に連動して利率が変わる変動利付債もあります。

一方、割引債は、利子がないかわりに、あらかじめ額面から利子相当額を割り引いた価格で発行され、満期時に額面金額で償還されます。

新発債と既発債
新発債は、新しく発行される債券です。新発債を購入した日から満期償還日まで所有した場合の利回りは、応募者利回りと呼ばれます。

一方、既発債は、すでに発行され市場で取引されている債券です。既発債の価格は、金利情勢などによって日々変動しています。既発債を購入した日から満期償還日まで所有した場合の利回りは、最終利回りと呼ばれます。

取扱い金融機関
公共債は、証券会社、銀行、信用金庫、信用組合、郵便局(国債のみ)、保険会社などのほとんどの金融機関で取扱っています。一方、社債、外債などは証券会社で取扱っています。

(出典 金融広報中央委員会ホームページ)

 

国や地方公共団体、事業法人等が発行する債券のことです。

(出典 セゾン投信ホームページ)

 

公社債とは、国債、地方債、政府機関債、一般企業の社債の総称。信託約款上、株式を一切組み入れない投資信託を「公社債投資信託」といいます。

(出典 楽天証券ホームページ)