銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

合成先物とは

合成先物とはオプション取引において、先物商品の売り付け、買い付けを行った場合と同じポジションとなるように同じ限月、権利行使価格のコールオプションとプットオプションを組み合わせたものを指します。先物との裁定取引で用いられる投資手法です。また、先物と比較して同じ権利行使価格のコール売りとプット買いを組み合わせた合成先物の方が割高であれば、合成先物売り、先物買いを行うといった取引をコンバージョンと言います。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

先物の売付け又は買付けを行った場合と同じポジションとなるよう、同じ限月、権利行使価格のコールオプションとプットオプションを組み合わせたもの。先物との裁定取引などで利用される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

オプション取引で、同じ限月、同じ権利行使価格のコールオプションとプットオプションを組み合わせ、先物の売り付けまたは買い付けを行った場合と同じポジションとなるようにする投資手法。
先物との裁定取引などで利用されます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

先物の売付け又は買付けを行った場合と同じポジションとなるよう、同じ限月、権利行使価格のコールオプションとプットオプションを組み合わせたものです。

(出典 日本取引所グループホームページ)