銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公正証書遺言とは

公証人が遺言者から遺言の趣旨の口述をもとに作成する遺言書です。作成時は遺言者が選んだ2人以上の証人を立ち会わせます。

公正証書遺言では、遺言者の意思を正確に証書に反映させるために、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること、公証人が遺言者の口述を筆記し、これを遺言者および証人に読み聞かせ、または、閲覧させることが必要となります。なお、聴覚、言語機能障害者は、手話通訳または筆談によって、公正証書遺言を行うことができます。遺言書の原本は公証人が保管します。公正証書遺言は公証役場で作成してもらうのが普通ですが、遺言者が病気等のため公証役場に行けない場合には、公証人に自宅や病院へ来てもらい、遺言書を作成することも可能です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

公証人によって作成する法的効力のもっとも高い遺言。作成に際しては、2人以上の公証人の立会いのもと、遺言者が遺言の内容を口述し、公証人が遺言者の真意を正確に筆記し、内容が適正であることを確認して各自が署名押印する。遺言書の原本は必ず公証役場へと保管されるため、紛失や改ざんの心配がない。また、家庭裁判所での検認も不要なため相続開始後速やかに実行できる。遺言書の内容的にも法務実務の専門家により作成されているため、争いが起きても無効になりにくい。

(出典 野村不動産アーバンネットホームページ)

 

普通方式遺言の種類のひとつで、公証役場で公証人に作成してもらう遺言書。
証人2人以上の立ち会いのもと、遺言者の遺言を公証人が口述筆記して公正証書を作成し、 遺言者および証人が公証人の筆記の正確なことを承認した後、 各自署名、 押印したうえで、公証人が適式な手続きに従って公正証書を作成したことを付記して、 これに署名、 押印することによって作成される遺言です。民法969条で規定されています。

遺言作成後に、遺言者にはその謄本が交付され、遺言書の原本は、作成の日から20年間は公証役場に保管されます。 遺言の作成、保管について公証人が関与し、遺言書の紛失や変造のおそれもないことから、他の形式の遺言に比して、遺言に関する紛争が最も生じにくい遺言であるため、実務上最も多く選択されている形式です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

遺言者が2人以上の証人に立ち会ってもらい、公証人に遺言の内容を話し、公証人が公正証書として作成する遺言のこと。遺言者の意思を正確に証書に反映させるために、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること、公証人が遺言者の口述を筆記し、これを遺言者および証人に読み聞かせ、または、閲覧させること等が必要となる。なお、聴覚・言語機能障害者は、手話通訳または筆談によって、公正証書遺言をすることができる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです。公証役場で原本が保存されますので、紛失や偽造の心配がなくトラブルを未然に防ぐことができます。公証人2人以上と公証役場へ行き、必ず口頭で述べますが、事前に作成したものを読み上げてもかまいません。なお聴覚、言語機能障害者は手話通訳、筆談によって公正証書遺言をすることができます。本人が公証役場に行けない場合は、病院または自宅へ公証人に出張してもらうことも可能です。

(出典 東海東京証券ホームページ)