銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

厚生年金基金とは

企業が単独あるいは共同して設立する厚生年金基金という公法人によって、老齢厚生年金の一部を国に代わって支給するとともに、加えて企業の実情に応じた独自の上乗せ給付を行うことにより、より手厚い老後保障を行うことを目的に、厚生年金保険法に基づき、昭和41年10月から実施された企業年金制度。

適格退職年金制度と並んでわが国の企業年金の大きな柱であったが、社会経済情勢の変動、とりわけバブル崩壊後の運用環境の悪化により厚生年金本体を代行するメリットが薄れ、逆に代行部分の資金の確保さえ危うくなる基金も生じ、法律改正が行われ、平成26年4月からは新規の設立は認められず、既存の基金についても代行返上して確定給付企業年金に移行するか解散するかが促されている。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

公的年金の一部の運用と給付を代行する企業年金。給付増を目指した経済界からの要望で1966年に創設されました。ピーク時には約2000基金あリましたが、大企業を中心に代行を行わない確定給付企業年金などに移行し、現在は大幅に減少しています。このため、複数の中小企業でつくる基金が多く残りました。AIJ事件をきっかけに、運用失敗などで基金の資産が減少し、代行分の給付に必要な額が不足する「代行割れ」が問題視され、財政難の基金に5年以内の解散を促す法律が2013年6月に成立しました。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

昭和41(1966)年に発足し、わが国の企業年金制度の中核をなしています。具体的には、厚生年金の一部を国に代わって支給する(代行部分)とともに、企業の実情に合わせて上乗せ給付を行う(プラスアルファ部分)ことで、従業員により手厚い老後所得を保障しています。事業主が負担する掛金は全額損金として扱われ、加入員が負担する掛金は社会保険料控除の対象となるなど、公的年金と同様の税制上の優遇措置が認められています。

(出典 日本年金機構ホームページ)

 

厚生年金基金とは、老齢厚生年金の一部を国に変わって運用および支給する企業の年金の代表的な制度のひとつです。1966年より導入されており厚生年金へ加入されている会社が独立法人を設立し年金の一部分を国に代わって給付するという仕組みになっており、2003年より代行で給付している一部を国に返還しており、確定給付型の企業年金への移行も可能となっています。生活の安定や向上と高齢化社会へ向けた基金となっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

厚生年金保険法に基づき、厚生労働大臣の認可を受けて設立される特別法人であり、公法人と位置付けられる。厚生年金基金の目的は、加入員の老齢について給付を行い、加入員の生活の安定と福祉の向上を図ることにある。

(出典 りそな銀行ホームページ)

 

確定給付型企業年金の一つ。厚生年金に加入している企業が、企業とは別の独立した法人を設立し、厚生年金の一部を国に代わって代行給付するとともに、企業独自の年金部分を上乗せ給付する。

事業主が負担する掛金は全額損金として扱われ、加入員が負担する掛金は社会保険料控除の対象となるなど、公的年金と同様の税制上の優遇措置が認められている。

運用難により財政状況が特に深刻な基金については国が解散を命じる「改正厚生年金保険法」が2014年4月から施行。他の企業年金制度への移行を促進することで、現行の厚生年金基金制度は事実上廃止されることになっている。

(出典 野村證券ホームページ)