銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公的介護保険とは

高齢者の介護を社会全体で支え合うための社会保険制度。被保険者は、第1号被保険者(65歳以上の者)と第2号被保険者(40歳以上65歳未満の者)に分かれる。前者は原因を問わず、要支援・要介護と認定されれば介護サービスが受けられるが、後者は原則として加齢に伴う特定疾病を生じた場合に限りサービスが受けられる。 平成26年の介護保険法改正により、低所得者の保険料軽減が拡充されるとともに、一定の所得や資産がある人の利用者負担が見直された。

(出典 野村證券ホームページ)

 

公的介護保険制度とは、寝たきり状態や認知症など所定の要介護状態になった場合や、日常生活に支援が必要な要支援状態になった場合に、さまざまな介護サービスが受けられる社会保険制度のことです。
40歳以上が加入対象となります。
住んでいる市区町村によって、サービスの内容や保険料が異なります。

(出典 ライフネット生命保険ホームページ)

 

公的介護保険は、40歳以上の方が加入しなければならない公的な保険です。受給上限は、在宅の最重度で29万円程度と比較的手厚いことがメリットですが、保険料負担の増大がデメリットになります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

公的介護保険とは、公的医療保険・公的年金などに次ぐ社会保険制度です。利用できるのは原則65歳以上ですが、末期がん患者など一部の人は40歳以上65歳未満の者も利用ができます。この介護保険は40歳以上が支払う介護保険料の他に税金も投入されています。国、都道府県、市町村からそれぞれ支出されており、これとあわせて介護保険料とで賄っていますが、施設入居者が多い地域はそれだけ介護保険の負担が重くなるため、40歳以上が負担する介護保険料も高額になっていくため、行政の介護への取り組み一つで負担が大きく変わる制度でもあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

市町村が運営主体となって、介護を社会全体で支える仕組みとして、公的介護保険が2000年にスタートしました。もし自分自身が要介護状態になった場合、公的介護保険からどのような給付を受けることができるのでしょうか。

公的介護保険の仕組み
公的介護保険は40歳以上の人が全員加入して介護保険料を納め、介護が必要になった時に所定の介護サービスが受けられる保険です。65歳以上の人は「第1号被保険者」、40~64歳の人は「第2号被保険者」となります。
第1号被保険者は、要介護状態になった原因が何であろうと、公的介護保険のサービスを受けることができますが、第2号被保険者は、加齢に起因する特定の病気(16疾患)によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます(末期がんも含まれます)。

(出典 生命保険文化センターホームページ)

 

介護サービスを提供する保険制度をいう。

2000年4月に公的な制度として導入された。
介護保険への加入は強制的であり、満40歳以上の者が被保険者となる。介護サービスを受けるには、
1.介護を要する状態であることの保険者(市町村等)による認定(要介護認定)
2.要支援・要介護の程度に応じた、ケア・マネージャーによる介護サービスのコーディネート(ケアプランの作成)
3.介護施設(介護サービス事業者)によるサービスの提供
という手順を踏まなければならない。また、介護サービスに要する費用の1割は自己負担となる(施設利用に伴う食費・居住費は別途負担)。

自己負担以外の介護保険制度を運営するための費用は、政府と被保険者が折半で負担する。被保険者が負担する保険料は、地域、所得等によって異なる他、財政の均衡を保つべく3年ごとに見直される。

提供される介護サービスの内容は、大きく介護給付と予防給付に分かれ、次のようなサービスで構成されている。
1)介護給付
・施設サービス(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設など)
・居宅サービス(訪問介護、訪問看護、短期入所サービスなど)
・地域密着型サービス(小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護など)
2)予防給付
・介護予防サービス(介護予防通所介護、介護予防通所リハビリなど)
・地域密着型介護予防サービス

(出典 三井住友トラスト不動産ホームページ)

 

介護を必要とする人を社会全体で支えるため、2000年4月に施行された社会保険。40歳以上のすべての人が所得に応じて保険料を支払い、介護が必要になったときに受けられる介護サービスの財源とする。

(出典 ベネッセスタイルケアホームページ)