銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公的年金とは

国が管理・運営する年金制度で、国民年金と厚生年金の制度がある。

国民年金は、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の全ての人に加入義務がある制度。給付される年金は基礎年金と呼ばれる。

一方、厚生年金は民間の会社従業員や公務員及び私学教職員が国民年金と併せて加入する制度。平成27年10月に共済年金が廃止されて以降は、公務員及び私学教職員も厚生年金に加入することとなった。

日本の公的年金の特徴として、全国民に加入義務のある「国民皆年金」、収めた保険料に応じて将来年金を受け取れる「社会保険方式」、現役世代の保険料負担で高齢者世代を支える「世代間扶養」という3点が挙げられる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

公的年金制度とは、各種年金の支給によって、国民生活の安定を図ることを目的とした社会保険制度のことです。
年金の種類には、老齢年金(老齢に達したとき)、障害年金(所定の身体障害状態になったとき)、遺族年金(死亡したとき)などがあります。

(出典 ライフネット生命保険ホームページ)

 

公的年金とは、国が管理運営する年金制度のことをいいます。日本国内に住所を有する対象年齢のすべての国民に加入義務のある国民年金を基礎に、会社員や公務員等、働く者がはいる被用者年金として、厚生年金や共済年金があります。民間の会社員には、国民年金の上に厚生年金が上乗せされ、公務員や私立学校の教職員などには国民年金の上に共済年金が上乗せされます。日本の公的年金には国民年金のような「国民皆年金」、厚生年金、共済年金のような「社会保険方式」、現役世代が高齢者世代を支える「世代間扶養」の三つの特徴があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

公的年金とは国が社会保障として行っている国民年金・厚生年金保険・共済年金などの終身年金のことです。

(出典 シノケンプロデュースホームページ)