銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

交付目論見書とは

投資信託説明書(交付目論見書)とは、購入しようとしている投資信託ついて投資判断に必要な重要事項を説明をした書類のことで、投資信託を購入する前に必ず投資家に渡されます。
投資信託説明書(交付目論見書)には、重要な事項が記載されていますので、購入の前に必ず目を通しましょう。

投資信託説明書(交付目論見書)には、主に以下のような内容がわかりやすく記載されています。

1.ファンドの目的・特色
何を目的として、どこに、何に投資しているか。ファンドの仕組みはどうなっているかなどが記載されています。

2.投資のリスク
価格変動リスク、為替変動リスク、金利変動リスク等、商品ごとにどのようなリスクがあるかについて記載されています。

3.運用実績
基準価額や純資産総額の推移、分配金の推移、年間収益率の推移等、投資信託の過去の運用実績を確認できます。(新設のファンドには実績はありません。)

4.手続・手数料等
ファンドの購入単位、購入時の手数料や運用中の運用管理費用(信託報酬)、ファンドにかかる税金等、ファンドにかかる諸費用等について記載されています。

これらの記載項目や記載順序はすべて統一されているのでファンドの内容をわかりやすく比較することが可能です。

(出典 投資信託協会ホームページ)

 

投資信託を販売する際、あらかじめまたは同時に投資家に直接交付することが法律で義務付けられている開示資料のこと。投資信託説明書ともいう。ファンドの目的・特色、投資のリスク、運用実績、手続・手数料等、投資信託の基本的な情報が記載されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

「投資信託説明書(目論見書)」は、投資信託の仕様書です。投資信託を購入するときの手数料や保有している間にかかる費用、投資信託の特色やリスクなど、くわしい情報が書かれています。

「投資信託説明書」には、「交付目論見書」と「請求目論見書」があります。投資信託を購入する際に、販売会社から必ず渡されるものが「交付目論見書」、みなさんが請求して初めて渡されるものが「請求目論見書」です。

投資信託説明書は、投資信託のありとあらゆる情報が書かれている重要な冊子です。投資信託の特徴から、手数料や費用、注意点など、投資信託を購入しようとしているみなさんにとって大切な内容が書いてあります。また、すでに投資している人にとっても、役に立つ内容が書かれています。大切に保管しておきましょう。

(出典 ニッセイアセットマネジメントホームページ)

 

目論見書は、有価証券の募集若しくは売出しの際に投資家に対して交付される法定開示資料(金融商品取引法)で、投資の参考になるようにその有価証券の内容や発行者の事業内容が記載されています。

投資信託の場合は、大和投資信託のような委託会社が目論見書を作成します。目論見書にはファンドの仕組みやリスク、運用方針、分配方針、それらに加え、既に設定されているファンドの場合は、これまでの運用状況などが記載されています。
投資信託の販売会社から入手できるほか、このウェブサイト内の各ファンドの情報ページからもダウンロードすることができます(外国籍ファンドを除く)。

2004年12月より証券取引法(*)が改正され、以下の2種類に区分されました。
「交付目論見書」:投資家にあらかじめまたは同時に必ず交付しなければならないもの
「請求目論見書」:投資家からの請求があったときに交付するもの
また、目論見書は投資信託説明書という名称でも使用されています。

*証券取引法:現在は「金融商品取引法」に引き継がれています。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

交付目論見書とは、投資信託を販売する際に投資者に提出しなければならない開示資料のことを指します。何故、このような開示資料を提出しなければならない理由とはどのような物であるかは投資者が投資対象の目的や強みといった特色や投資することによってどのようなリスクを負わなければならないのか、その投資することによって現実性のあることかどうか過去の実績から判断したりどのような手続きが必要であるかを総合的に判断する為に必要な情報であることがこの資料を開示しなければならない理由になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

投資信託の目論見書の内、「投資家に必ず交付しなければいけない目論見書」のことです。

(出典 セゾン投信ホームページ)

 

投資信託(ファンド)の募集に際し運用会社が投資家に対して提供を義務付けられている資料のこと。目論見書には信託契約の内容、運用方針、信託報酬、手数料などファンドに関する重要な情報が記載されており、販売会社を通じ投資家に交付されます。目論見書には、詳細が記載された「請求目論見書」と簡易型の「交付目論見書」があります。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

投資信託説明書。投資信託の特徴や今までの実績がまとめられた、履歴書のようなもの。購入前に確認すべき、投資信託の目的・特色、リスク、運用実績、費用などについて知ることができる。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

投資信託の目論見書には、投資家が投資信託を購入するにあたって知っておくべき重要な情報が掲載されています。運用会社(委託会社)が作成し、販売時に販売会社を通じて投資家に交付することが義務付けられています。

目論見書には、『投資家に必ず交付しなければならない目論見書』(交付目論見書)と『投資家からの請求があったときに交付する目論見書』(請求目論見書)の2種類があります。また、『投資信託説明書』という名称で呼ばれることもあります。

交付目論見書には、(1)投資信託の名称(2)委託会社等の情報(3)投資信託の目的・特色(4)投資リスク(5)運用実績(6)手続・手数料等(7)追加的記載事項等が記載されています。
一方、請求目論見書には、投資信託の沿革や経理状況など有価証券届出書と概ね同様となる詳細な情報が掲載されています。

なお、目論見書は顧客の承諾があれば電子交付により提供することが認められています。

(出典 野村アセットマネジメントホームページ)

 

目論見書とは、投資信託の運用方針や投資対象などが説明されている文書のことで、投資信託説明書ともいいます。このうち、お客様(投資家)に、原則として必ず交付しなければならないものが交付目論見書です。投資家から請求があった場合に交付する目論見書が『請求目論見書』です。 
交付目論見書には、ファンドの目的・特色、投資のリスク、運用実績、手続き・手数料など、投資信託の基本的な情報が掲載されています。

(出典 福島銀行ホームページ)


目論見書とは投資信託説明書のことです。目論見書には交付目論見書と請求目論見書の二種類があります。

交付目論見書は、投資者のみなさまに、あらかじめご確認いただきたい重要な事項を記載しているものです。従いまして、投資前には必ず交付され、その内容をご理解いただく必要があります。どの投資信託の交付目論見書も、同じ記載方法・記載順序で作成されていますので、複数の投資信託を比較することが可能です。

一方、請求目論見書は、投資者のみなさまからご請求があった際に交付されるものです。ページ数も多く難しいと感じるかもしれませんが、交付目論見書には書かれていない詳細な情報が含まれています。

(出典 さわかみ投信ホームページ)

 

交付目論見書とは、運用会社により作成される、販売会社が投資信託の募集・販売をする際、あらかじめまたは同時に投資家に直接交付することが法律で義務付けられている開示資料のこと。その投資信託の商品性や投資に伴うリスクなど、投資家の投資判断に必要な重要事項を開示するための書類です。

(出典 楽天証券ホームページ)