銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公募とは

企業が資金調達のため、不特定かつ多数の投資家に対し、新たに発行する有価証券の取得の申込みを勧誘すること。勧誘の相手方が50名以上の場合を「公募」と言い、「公募」と「売出し」を合わせて「Public Offering」、略して「PO」と呼ぶ。 

これに対し、50名未満を勧誘の相手方とする場合や、50名以上であっても勧誘の相手方が適格機関投資家(プロ)であって、転売を通じて適格機関投資家以外の一般の投資家に譲渡されるおそれが少ない場合を私募という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式や債券など有価証券を発行する際に、不特定多数の投資家に対して募集すること。通常は50人以上の投資家を対象する場合をいいますが、50人未満でも多数に転売される可能性が高い場合は、私募ではなく公募となります。公募の場合は、金融商品取引法で目論見書の交付や発行開示書類の提出が義務付けられています。
⇔私募

(出典 三井住友アセットマネジメント)

 

有価証券の募集をする際の一形態。有価証券の募集とは、金融法第2条3項で規定されている「新たに発行される有価証券の取得の申し込みの勧誘」のこと。有価証券の募集は大きく分けて公募と私募の2つの形態がある。公募とは、不特定かつ多数(50名以上)の一般投資家から有価証券の募集をすること。A社は、500万株の公募増資を発表した。調達金額は、約90億円。公募は幅広く不特定多数の投資家を対象にしていますが、私募といって、50人未満など、特定の投資家や機関投資家のみを対象とした募集形態もあります。私募商品は公募商品よりも発行や運用に関する手続きを簡易にできるため、低コストで募集ができる等のメリットがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

不特定かつ多数の投資家に対し、新たに発行される有価証券の取得の申込の勧誘を行うこと。

(出典 日本証券業協会ホームページ)