銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公募価格とは

公募価格とは、新規に証券市場や店頭市場に公開する株式が投資家に販売される価格のことで、募集価格とも呼ばれています。要するに投資家が購入する株式価格のことになります。また、売り出しの際の発行価格を売出価格ともいいます。公募価格は、投資家の需要状況に応じてブックビルディングという方式による協議の結果決定されますが、人気銘柄の場合には投資家の多くが価格帯の上限で申告をするため、その価格が公募価格となる場合が多いです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

金融商品取引所に新規に公開する株式を投資家が購入する際の価格。

公募(募集)の際の発行価格を公募価格、売出しの際の発行価格を売出価格ともいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

募集の発行価格のことを公募価格といいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株式の公募・売り出しをする際の価格。
ブックビルディング方式などにより、主幹事証券が発行体と協議して決定します。

(出典 大和証券ホームページ)