銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公募地方債とは

マーケットにおいて、不特定多数の投資家を対象に、公募される地方債のこと。

従来、公募地方債の利率や発行価格といった発行条件は、地方債の信用力に差はないとの理由から市場実勢に則した格差がつけられることはなかった。
しかし2002年4月債以降、市場公募地方債についてはいわゆる「2テーブル方式」が導入され、市場の評価が最も高い東京都債と、それ以外の団体とで格差がつくようになった。

縁故地方債に比べて不特定多数の投資家を対象としているため、対象となる資金の規模が大きく流動性が高い。

(出典 野村證券ホームページ)

 

都道府県や市区町村などが公共施設の設備や拡充などを行う資金を調達するために発行される地方債を、不特定多数の投資家に向けて広く公募される地方債のことを公募地方債と呼びます。都道府県が単発で発行する地方債以外の住民参加型公募地方債など様々な地方債も出てきたため、全国型市場公募地方債と呼ばれ区別される場合もあります。縁故地方債と比べると対象者が多く不特定多数なため資金の規模が大きく流動性が高いことが特徴です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

公募地方債とは都道府県や市区町村が地方財政法等に基づいて公共施設の整備や拡充等に必要な資金を調達するために、不特定多数の投資家を対象に募集し発行される地方公共団体の債券のことです。単独での発行と複数の地方公共団体が共同で発行する場合もあります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

地方債とは、都道府県や市町村等の地方公共団体が、地方自治法に基づいて必要な資金を調達するために発行する債券。

MENU 
金融・証券用語集
地方債
(ちほうさい)
意味
都道府県や市町村等の地方公共団体が、地方自治法に基づいて必要な資金を調達するために発行する債券。

解説
国債・政府保証債に次いで信用度、安全度が高いと見なされています。
 地方債は、公募地方債と非公募地方債(銀行等引受地方債)に分類できます。このうち、特定の都道府県や政令指定都市が発行する公募地方債は、個人でも証券会社や銀行等を通じて購入できます。 
申込単位は10万円、償還期間は10年(満期一括償還)が一般的ですが多様化しており、申込単位が1万円のもの等もあります。証券会社や銀行等を通じて購入できますが、募集時期は不定期です。
 途中換金は自由ですが、流通性は国債に比べると劣っています。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

地方債とは、都道府県、市町村等の地方公共団体が発行する債券です。
地方債は、広く一般投資者を対象として募集する”公募地方債”と、発行者の関係金融機関等特定少数の者を対象として募集する”非公募地方債(銀行等引受債)”があります。

(出典 日本取引所グループホームページ)