銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

公募投資信託とは

不特定多数の投資家に向けて募集する投資信託。個人投資家が主に投資する株式投信や公社債投信は公募投資信託に分類される。これに対して、少人数または適格機関投資家など特定の投資家向けに募集する私募投資信託がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

投資信託は募集の方法により「公募投資信託」と「私募投資信託」に分類されます。
「公募投資信託」は、不特定かつ多数(50人以上)の投資家を対象とし、広く一般に募集する投資信託のことを指します。

従来、日本での投資信託は公募投資信託のみでしたが、1998年の証券投資信託法(現在の投資信託及び投資法人に関する法律)の改正により、私募投資信託制度が導入され、公募投資信託と私募投資信託の2つに大きく分類されることとなりました。

公募投資信託は、銀行や証券会社など金融機関を通じて多くの投資家から募集する投資信託で、投資家は少額から出資することができます。金融機関で販売されている投資信託の多くは、この公募投資信託に分類されるものとなっています。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

不特定かつ多数の投資家に販売することを目的とした投資信託のことです。

(出典 セゾン投信ホームページ)

 

公募投信(こうぼとうしん)とは、公募投資信託の略称。公募により募集される投資信託のことを指します。公募とは広く一般の投資家から資金を集めて運用を行うファンドのことを指します。具体的な定義としては50名以上の投資家に対して募集をするファンドはすべて公募投信となります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

公募投資信託とは、不特定及び50名以上の投資家に向けて、募集をかける投資信託のことをいいます。主に個人投資家が投資する「株式投信・公社債投信」は、公募投資信託に分類されます。公募投資信託のメリットは、証券会社を通じ多くの投資家から、資金を集める事ができるという点です。かつて日本では、公募による投資信託のみでしたが、1993年の証券取引法の改正により、私募投資信託制度が導入され、公募と私募に区分されるようになりました。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

50名以上の、個人投資家を含めた幅広い投資家を対象に販売される投資信託のことです。わが国の投資信託の多くは、この公募投資信託の形態で販売されています。

(出典 紀陽銀行ホームページ)

 

公募投資信託とは、個人投資家などを含めた不特定多数(一般に50人以上)の投資家を対象に販売される投資信託のことです。これに対し、少数の人などを対象に販売される投資信託を私募投資信託といいます。

(出典 福島銀行ホームページ)

 

公募投資信託は、不特定かつ多数の投資家を対象として募集される投資信託で、株式投資信託や公社債投資信託が分類されます。
また、機関投資家やごく少数の投資家など、限られた人数のみが投資できる投資信託を私募投資信託といいます。

(出典 ワイジェイFXホームページ)