銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

効率的フロンティアとは

効率的フロンティアとは、選択が可能とされるポートフォリオにおける資産配分の中で、最も投資家にとって有利と判断がなされる選択肢が集合したものです。効率的フロンティアはリターンが同じ場合は最小のリスクに、リスクが同じ場合は最大のリターンとなる組み合わせの状態に結んだ線上によって表します。株式投資を行う際に伴うとされるリターンとリスクの関係で、与えられたリスクで最大となるリターンを提案するというポートフォリオをプロットする曲線です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

投資家が選択可能なポートフォリオの資産配分のうち、投資家にとって最も有利と考えられる選択肢の集合。同じリターンではリスクが最小に、同じリスクではリターンが最大になるような組み合わせを結んだ線上で表現される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

効率的フロンティアとは、株式投資に伴うリスクとリターンの関係において、所与のリスクで最大のリターンを提供するポートフォリオをプロットした曲線。

多数のリスク資産について、ありとあらゆる組み合わせのポートフォリオを作って、リスク(標準偏差)を横軸、期待利回り縦軸にとって各ポートフォリオをプロットしたとしよう。投資家は同じリスクであれば、より大きい利回りを期待できるポートフォリオを好むはずだ。つまり、自分が許容できるリスクに応じて、最大の期待リターンが上げられるポートフォリオを保有することになる。このポートフォリオが描く曲線を効率的フロンティアであり、その曲線上の一群のポートフォリオを効率的ポートフォリオ(Efficient Portfolio)と呼ぶ。

2つの株式を組み合わせてポートフォリオを形成すると、2つの株式のリターンはそれぞれのリターンの加重平均値となるが、リスクは2つの株式の加重平均値よりも小さくなる(リスク低減効果)。この考え方を応用し、複数の株式をポートフォリオに組み込んだ場合に得られるリスクとリターンの分布の上縁部の線上が、この効率的フロンティアとなる。

なお、ここまではリスク資産のみを対象として議論してきた。現実には、国債のように、リスクのない資産(無リスク資産)が存在する。無リスク資産とリスク資産を組み合わせた場合、資本市場線(Capital Market Line)と呼ばれる直線(無リスク資産(リスク=ゼロで、利回り=国債の利回り)から効率的フロンティアへ引いた接線)を引くことが出来る。接点は、マーケット・ポートフォリオと呼ばれる。

投資家は、与えられたリスクの中で、資本市場線上に乗るポートフォリオを組むことが、最も合理的にリターンを得る方法となる。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

有効フロンティアともいう。複数の資産を、同じリターンならリスクの最も小さいもの、同じリスクならリターンの最も高いものとなるように最も効率的に組み合わせたものを、X軸(横軸)にリスク、Y軸(縦軸)にリターンをとったグラフ上に描いた曲線。この曲線が左上方にあるほどリスクが低く、リターンが高くなり、より効率的な投資ができることになる。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

投資可能集合の中で,同一のリスクを持つポートフォリオのうち,最大のリターンを持つポートフォリオの集合のこと.

(出典 NTTデータ数理システムホームページ)

 

投資家が選択可能なポートフォリオの資産配分のうち、投資家にとって最も有利と考えられる選択肢の集合。同じリターンではリスクが最小に、同じリスクではリターンが最大になるような組み合わせを結んだ線上で表現される。

(出典 QUICKホームページ)

 

特性の異なる銘柄、資産を組み合わせて保有するとき、どの比率で組み合わせると効率-リスクに対するリターンの大きさ-が良いか悩ましい問題です。縦軸にリターン(上が大)、横軸にリスク(右が大)を取り、同じリターンであればもっともリスクが小さい(同じリスクであればもっともリターンが大きい)組み合わせを示す点を結んだグラフ上の曲線を、有効フロンティア(効率的フロンティア)といいます。

その曲線に近い比率の組み合わせを、自分で許容可能なリスクに応じて選ぶと、理論上は、一定のリスクでもっともリターンを期待できることとなります。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

リスク回避的な投資家が選択する、一定のリスクに対して期待収益率(無リスク資産対比の超過収益率)を最大にするような(あるいは、一定の期待収益率に対して最小のリスクとなるような)ポートフォリオの集合をいう。
 (出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)