銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

子会社とは

一般には、2社以上の会社が支配従属関係にあるとき、他の会社(=親会社)に支配されている会社のことをいい、親会社によって、意志決定機関が支配されている会社のことを子会社という。

具体的には、親会社によって、議決権の過半数を所有されていること(持株基準=形式基準)、または議決権が40%以上50%以下の所有であっても子会社となる(支配力基準=実質基準)など、定義が詳細に規定されている。なお原則として、子会社は親会社の連結財務諸表に連結される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

子会社は、議決権のある株式の50%超を、他の会社(つまり親会社のことです)に保有されている会社を指します。会計ルールでは、たとえ50%以下であっても、例えば40%以上の株式を保有され、営業方針の決定権、役員の派遣状況、資金面等から「実質的に支配」されていると判断される場合には「子会社」と判定されます。なお、ある会社の株式を100%保有する場合は完全子会社と呼ばれます。

(出典 GLOBIS知見録ホームページ)

 

子会社とは、他の会社等により、財務及び営業又は事業の方針を決定する機関(株主総会その他これに準ずる機関)を支配されている会社等をいう。親会社及び子会社又は子会社が、他の会社等の意思決定機関を支配している場合における当該他の会社等も、その親会社の子会社とみなされる。これにより孫会社のことも「子会社」という。

(出典 日本M&Aセンターホームページ)

 

他の企業からの出資を受け、その企業に一定の割合以上の議決権を保有されている会社のことを言います。
これに対して、その出資をしている会社を親会社と言います。具体的には、議決権の過半数を保有されている、または議決権の40%以上50%以下であっても親会社との関係が深く、親会社と同一の意志を持つ議決権が過半数を占められている、または役員等が取締役会等の構成員の過半数を占められている場合などが子会社にあたります。親会社の100%出資の場合は完全子会社と言います。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

子会社とは、特定の会社に実質的に経営を支配されていると認められる会社をいう。
つまり「親会社に発行済み株式の50%超を直接または間接に保有」されていなくても、実質的に経営を支配されていると認められる会社は、全て子会社となる。

(出典 日本公認会計士協会ホームページ)

 

ある会社から、発行済み株式の半数以上の株式を保有されている法人のこと。
株式の半数以上保有されていなくても、役員などが取締役会の構成員の過半数を占めているなど、その会社の意思決定機関を支配されている場合も子会社と呼びます。
⇔親会社

(出典 大和証券ホームページ)

 

子会社とは、一般にその会社の議決権の過半数を所有されて、財務および事業の方針を支配されている会社を指す。子会社と見なすかどうかは、会社法や証券取引法で規定される。

アカウンティングにおける子会社として、親会社と連結決算となる連結子会社、持分法を適応する持分子会社がある。なお、持分子会社となるのは親会社に比べて子会社の規模が小さいなど特殊な場合で、通常は連結決算となる。 旧商法、過去の証券取引法では、議決権を過半数持たれている会社としていた。しかし過半数に満たなくても、財務や事業方針の決定を支配されている会社もあり、実態に即していないという問題があった。

そのため証券取引法では、2000年3月期から議決権が過半数に満たない場合でも支配基準を満たせば実質子会社と見なすよう変更となり、証券取引法と商法の規定は一致していなかった。 その後、2006年5月1日に施行された会社法からは、この証券取引法とほぼ同じ考えになった。会社法および法務省令の会社法施行規則では、子会社と見なす条件として、議決権の過半数を親会社が所有している場合、あるいは、議決権が過半数に満たない場合でも、40%以上を親会社が実質所有している場合で財務や事業方針決定が支配されている場合を子会社と定めている。また議決権を過半数持っている場合でも有効な支配従属関係が無い状況のときには子会社としない場合もある。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

子会社とは、親会社に支配されている会社のことを言います。具体的には、会社の議決権の半数以上を親会社に持たれている場合や、議決権の半数に満たなくても実質的には親会社に支配されている会社のことです。そのうち、親会社と株式が独立しているものを単に子会社と呼び、親会社と株式が一致しているものを完全子会社と呼びます。前者の場合は、それぞれの会社の株式が独立しているため、親子上場を行うことも可能です。後者の場合は子の上場は認められません。

(出典 東海東京証券ホームページ)