銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国際収支とは

一定期間における一国のあらゆる対外経済取引を体系的に記録した経済指標。国際通貨基金(IMF)加盟国は、IMFが定めた国際収支マニュアルに従って統計を作成するため、国際比較が可能です。日本では財務省および日本銀行が毎月作成しています。

国際収支は、経常収支と金融収支、資本移転等収支に大別され、経常収支はさらに、自動車などモノの輸出から輸入を差し引いた貿易収支、旅行や特許使用料などを対象とする「サービス収支」、配当・利子のやりとりを示す「第一次所得収支」、対価を伴わない無償資金援助などの「第二次所得収支」に分けられます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

一定期間においての国の対外経済取引について記録した統計を、国際収支と言います。経常収支・資本収支・外貨準備増減という3つの項目に分けられていますが、その中でも更に細かく分けられます。経常収支は、貿易収支・サービス収支・所得収支・経常移転収支からなっており、資本収支は投資収支・その他の資本収支からなっています。外貨準備増減は、政府通貨当局管理下においての金融資産の増減です。多くの国や地域が、国際通貨基金のマニュアルに基づいた作成をしています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

一定の期間における、ある経済圏(国又は地域)の居住者とそれ以外の経済圏の者との間で行った(財・サービス・所得の取引、対外資産・負債の増減に関する取引)などの移転取引あらゆる対外経済取引を体系的に記録した統計です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

諸外国との経済取引すべてを体系的に集計したもので、「外国為替及び外国貿易法」の規定に基づき、財務大臣からの委任を受けて、日本銀行が企業や個人から提出された各種のデータを集計し作成。諸外国との間で行われた、財貨・サービス・所得の取引、対外資産・負債の増減に関する取引、移転取引などが対象となる。 
構成項目は以下の通り。
【1】経常収支
(1)貿易収支(輸出、輸入)
(2)サービス収支(輸送、旅行、その他サービス)
(3)所得収支(雇用者報酬、投資収益)
(4)経常移転収支
【2】資本収支
(1)投資収支(直接投資、証券投資、金融派生商品、その他投資)
(2)その他資本収支(資本移転、その他資産)
【3】外貨準備増減
【4】誤差脱漏

※経常収支…貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支の合計。国際収支の中心となる
※貿易収支…「貿易統計(通称「通関統計」)」をベースとする。輸出から輸入(運賃、保険料を除く)を差し引いたもの
※サービス収支…国境を越えた輸送、旅行、その他サービス(通信、建設、保険、金融、情報など)の取引を計上
※所得収支…国境を越えた雇用者報酬、および海外投資による利子や配当などの投資収益に関しての受け払いを計上
※経常移転収支…対価を伴わない物資・サービス・現金の移転
※資本収支…投資収支、その他資本収支から構成。 居住者と非居住者の間で行われた資産または負債の受け払いを計上
※投資収支…直接投資、証券投資、金融派生商品、その他投資から構成。国境を越えた金融資産負債の取引を計上
※その他資本収支…固定資産の取引、および非生産非金融資産(特許権、著作権、商標権ほか)の取引を計上
※外貨準備増減…通貨当局の管理下にある対外資産の増減

(出典 楽天証券ホームページ)

 

一定の期間における居住者と非居住者の間で行われたあらゆる対外経済取引(財やサービス、証券等の各種経済金融取引、それらに伴って生じる決済資金の流れ等)を体系的に記録した統計です。

大きくは経常勘定(収支)と資本勘定(収支)からなります。経常勘定は、外国との物やサービスの取り引き結果の収支です。『経常勘定』は、輸出入の収支尻を表わす「貿易収支」、観光旅行、運賃、保険料などの収支尻を表わす「貿易外収支」、移民の郷里送金、賠償、無償経済協力などの収支尻を表わす「移転収支」から構成されています。家計でいう収入額や一般支出額を指します。『資本勘定』は、外国と投資や融資を行った結果の収支です。家計でいう貯金額に相当します。
そして、経常収支+資本収支+外貨準備高の増減+誤差脱漏=0の式が成り立ちます。

家計と異なり海外との取引が加わるため、為替の影響を受け、外貨準備高の増減という項目が入っています。この外貨準備高とは、外国為替相場を安定させて貿易をスムーズに行うことを目的に外貨建てで用意されているお金を指し、誤差脱漏は金額が大きく収支が合わない状況で誤差を修正する項目を指します。

(出典 岡三オンライン証券ホームページ)