銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国債補完供給とは

国債の売買市場で特定銘柄の調達が困難となるのをきっかけに市場の全体の流動性が低下することを回避し、国債相場を安定させることを目的として、日本銀行が保有する国債を金融機関など市場参加者に一時的かつ補完的に供給する制度。品貸し対象とする国債は利付国債や国庫短期証券など。

特定の銘柄について、金融機関から売却の依頼を受けた場合、期間利回りを対象として競争入札を実施する。売却の翌営業日に買い戻す条件が付き、売却価格や買い戻し価格は所定の条件で計算される。

金融機関の間で国債の受け渡しを決済日に行うことができないフェイルと呼ぶ事態が増加したことも考慮され、2014年5月から国債の競争入札は1日2回、午前と午後に実施されるよう制度変更された。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国債補完供給とは、特定の銘柄の調達が国債の売買市場において困難な状態となることをきっかけとして市場全体における流動性の低下という状態を回避し、安定した国債相場という状態に導くことを目的に、市場の参加者に国債を補完的、一時的に供給するという制度です。品貸し対象の国債は、国庫短期証券や利付国債などが挙げられます。また、決済日に国債の受け渡しを金融機関の間で行うことができないという事態が増加したため、競争入札は一日に二度行われるように制度の変更がなされました。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

日本銀行が保有する国債を一時的かつ補完的に供給するもの(形式は、国債の買戻条件付売却)。

(出典 日本銀行ホームページ)