銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

小口取引(こぐちとりひき)とは

取引所外取引において、一銘柄あたりの売買金額が300万円以下となる取引のこと。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ひとつの銘柄について、売買金額が300万円以下となる取引所外取引に関する注文のことをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

証券会社などの取引所外取引を利用して株式を購入する際、ひとつの銘柄に対し、売買価格が300万円以下で取引されることを言います。大口取引では5000万円を超える買付余力が必要ですが、小口取引が登場したことによって、資金の少ない個人投資家でも容易に株式を購入できるようになり、株式市場の活性化に一役買っています。また、この仕組みを利用して複数の銘柄に資金を振り分ける形で購入すれば、リスクを減らせるメリットもあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)