銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国内ETF(こくないいーてぃーえふ)とは

ETFは、特定の株価指数、債券指数、商品価格(商品指数を含む)などに連動することを目的に運用される投資信託で、通常の株式と同じように金融商品取引所において、いつでも売買が可能である。いわば、金融商品取引所に上場されたインデックスファンドであり、日本国内の金融商品取引所に上場しているETFを国内ETFという。一方、外国の金融商品取引所に上場されているETFを「外国ETF」という。米国など外国の金融商品取引所では、さまざまな指数・指標に連動するETFが上場され、個人投資家や機関投資家等に幅広く利用されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国内ETFは、特定の指数(株価・債券・商品等)に連動することを目的とした投資信託です。投資信託でありながら、通常の個別株式と同様にリアルタイムで売買をすることができます。外見は株式で内容はインデックスという表現が一番理解し易いと言われています。日本の金融商品取引所に上場しているものを国内ETFといい、高配当銘柄や価格変動幅を抑えたものなど様々なタイプがでてきています。このことにより、より目的にあった投資戦略をとることができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)