銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国内公社債とは

国内公社債は、発行体・元がいずれの国の法人であるか、公社債がいずれの通貨建てであるかは問わず、国内で発行された全ての公社債のことです。公社債は、資金調達を目的に、国や地方自治体等の行政が発行する債券・公共債と民間企業や特定の金融機関が発行する債券・民間債があります。いずれの債券も、債券保有者に対し、発行体が保有期間中の利息を支払い、償還日に元本・額面金額の償還する事が義務化されているため、株式に比べてリスクが低く、安全性の高い金融商品です。格付けの高い公社債が運用する債券の購入によって、確実に計画的な投資が可能です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

国内で発行された公社債のこと。
発行体が国内の法人であるか国外の法人であるか、公社債が円貨建てであるか外貨建てであるかは問わない。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国内公社債とは、国内で発行された公社債のことです。
発行体が国内法人か外国法人か、また公社債が円貨建てか外貨建てであるかは問われません。外国の政府や地方公共団体、またはそれに準ずる機関、あるいは外国の民間企業が日本で国内公社債を発行することがありますが、円貨建てのものはサムライ債、外貨建てのものはショウグン債と呼ばれます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)