銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国富(こくふ)とは

国民全体の資産から負債を差し引いたもののことを国富と言います。国富は正味資産という名称でも親しまれています。日本の国富は土地の比率が非常に高くなっており、地価の影響を受けやすい傾向にあります。日本の株価が上昇するときには不動産や建設から向上すると一般的に言われていますが、これはこのように地価の影響が受けやすい土壌が日本国内に最初から存在するからに他なりません。内閣府が国民経済計算(GDP統計)を通して公表されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

国民全体が保有する資産から負債を差し引いた額のことで正味資産とも呼ばれる。日本の国富は土地の比率が高く、地価の影響を受けやすいといわれている。内閣府が「国民経済計算」(GDP統計)を通じて公表する。

(出典 野村證券ホームページ)