銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国民所得の三面等価(こくみんしょとくのさんめんとうか)とは

国内総生産は、一定期間内に生産される様々な付加価値を計測し、それを合計したものである(日本では、内閣府が算出し公表している)。

付加価値の合計を算出する方法には「生産」と「分配」と「支出」からの3つのアプローチがあり、どのアプローチからも計測が可能なので、この3面性を「国民所得の三面等価」と呼んでいる。

生産面からみると、付加価値の合計は、生産を行ったものの所得の合計から計測することができる。さらに、その所得は、生産を行った人や資本に分配される。分配を受けた人や資本は、これを必ずなんらかの形で支出する。

したがって、生産量の計測は、生産面、分配面、支出面のいずれからでも可能となる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国内総生産とは、一定期間に生産される様々な付加価値を計測し、合計したものです。付加価値の算出方法は、生産、分配、支出の3つの分野からのアプローチができます。その3つのいずれからでも計測が可能であることから、この三面性を、国民所得の三面等価と呼びます。生産面から見ると、付加価値の合計は、生産を行ったものの所得の合計から測ることができます。そして、その所得は、生産を行った人に分配されます。また、分配を受けた人は、これを何らかの形で支出すると考えられるため、生産量は、生産面、分配面、支出面のどの分野からでも計測可能になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)