銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国民年金とは

1986年4月1日以降、自営業者や無業者を含めた日本国内に住む20歳以上60歳未満の者がすべて加入している公的年金。

(出典 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジーホームページ)

 

原則として20歳以上60歳未満のすべての国民に加入義務のある国民皆年金で、国が管理・運営している公的年金制度。社会保険形式で運用され、給付費用の2分の1が税金である国庫負担で賄われている。

加入者は、第1号被保険者(自営業、学生等)、第2号被保険者(会社員・公務員等)および第3号被保険者(第2号被保険者の被扶養配偶者)と3種類に分けられ、加入する制度により保険料の納付方法が異なる。厚生年金の加入者や共済年金の組合員も国民年金に同時に加入しており、国民年金から支給される年金のことを基礎年金という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国民年金とは、20歳以上60歳未満のすべての国民が加入しなくてはいけない年金であり、国が運営と管理をする公的年金です。原則として、65歳までの間に、保険料納付期間と保険料免除期間が25年以上なければ、年金が支給されませんが、納付期間と免除期間の期間によっては、支給される年金金額に変動が出てくるため、注意が必要です。また、加入期間の間に、病気や怪我で障害を持った場合に受給者に支給され、加入中に加入者が死亡してしまった場合は、遺族に支給されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

社会保障制度のひとつで、特に老後の生活を守る最も基本的な公的年金制度のことをいいます。原則として20歳以上60歳未満の全ての国民が国民年金の被保険者となります。支給される基礎年金には、老齢基礎年金・障害基礎年金・遺族基礎年金などがあります。

(出典 オリックス生命保険ホームページ)

 

職業にかかわらず、学生も含めた20歳以上60歳未満のすべての国民が必ず加入し、すべての国民に共通の基礎年金を支給する制度です。「国民年金」は制度の名称で、「国民年金」という名称の年金はありません。
加入者は、(1)第1号被保険者(農林漁業・自営業者とその家族・学生等)、(2)第2号被保険者(厚生年金保険の被保険者等)、(3)第3号被保険者(第2号被保険者の被扶養配偶者)、(4)任意加入被保険者に分けられています。
給付の種類は、(1)老齢基礎年金、(2)障害基礎年金、(3)遺族基礎年金、(4)付加年金、(5)寡婦年金、(6)死亡一時金で、(4)~(6)は第1号被保険者・任意加入被保険者のみを対象としています。
給付に要する費用は、(1)第1号被保険者が個別に負担する保険料、(2)第2号・第3号被保険者数に応じた厚生年金保険等の被用者年金制度からの拠出金(第2号・第3号被保険者は直接の個別負担はありません)、(3)基礎年金支給に要する費用の2分の1にあたる国庫負担によってまかなわれています。

(出典 トヨタ関連部品企業年金基金ホームページ)

 

自営業者や学生、無職者など『第1号被保険者』が加入対象となる公的年金制度。
日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人に加入が義務付けられています。保険料は本人が支払いますが、納付が難しい人に対しては、免除や納付猶予の仕組みがあります。合計で25年以上の保険料の支払いがあれば、65歳から納付期間等に応じて基礎年金が支給されます。

年金機能強化法(2012年8月公布)により、17年8月から国民年金を受給できるための保険料の合計支払期間が25年以上から10年以上に短縮されました。公的年金を受け取ることのできない、いわゆる「無年金者」を減らす狙いです。

(出典 大和証券ホームページ)