銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

国民年金基金とは

自営業者などの国民年金の第1号被保険者が国民年金の上乗せ給付制度として任意に加入できる制度として、平成3年に創設された公的な制度。職業別に設立される「職能型基金」と各都道府県別に設立される「地域型基金」がある。

給付は、基本給付、ボーナス給付及び各基金の独自給付で構成されている。

基本給付は、一口目は年金月額が3万円で、2つあるタイプの中から各加入者が自らの希望により選択し、2口目以降は年金月額が1万円で、5つあるタイプの中から選択する。

掛金は、選択した年金と加入時の年齢によって決まり、月額68,000円まで拠出できる。この掛金は全額社会保険料控除の対象となり、所得税・住民税が軽減される。 所得が高い人が利用すれば節税効果が大きい制度。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

国民年金(老齢基礎年金)に上乗せする年金制度のこと。
毎月の国民年金の保険料に一定金額を加えて納付することにより、老後に受け取る基礎年金が増額されます。国民年金に上乗せして厚生年金に加入している会社員等の給与所得者と、国民年金だけにしか加入していない自営業者などの国民年金の第1号被保険者との年金額の差を解消するために設けられた制度で、1991年に創設されました。都道府県などの地域ごとに設立された「地域型基金」と職種別に設立された「職能型基金」の2種類があります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

国民年金の第1号被保険者が任意で加入できる年金で老齢基礎年金に上乗せして受け取れる。

(出典 厚生労働省ホームページ)

 

平成3年4月から実施されている、自営業者など国民年金第1号被保険者を対象に、基礎年金に上乗せして給付を行う年金制度。自営業者等と会社員等との年金額の差を解消するために創設された。各都道府県で設立される地域型基金と、同種・同業の人で設立される職能型基金がある。加入は任意で、加入する場合はどちらかひとつの年金基金を選択する。平成25年より 加入対象者が拡大され、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者についても加入が可能になった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

自営業者などの国民年金の第1号被保険者を対象に、老齢基礎年金に上乗せして給付を行い、老後の所得保障を充実させるため、平成3(1991)年に創設されました。都道府県単位で設立される地域型基金と、同種同業の人によって全国単位で設立される職能型基金があります。加入は任意です。給付設計は全員が加入する1口目と希望に応じて選択する2口目以降があり、口数に応じて掛金を納め、掛金は社会保険料控除となります。

(出典 山崎製パン企業年金基金ホームページ)

 

国民年金基金制度は、国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、国民年金(老齢基礎年金)とセットで、自営業者など国民年金の第1号被保険者の老後の所得保障の役割を担うものです。

国民年金に上乗せして厚生年金に加入している会社員等の給与所得者と、国民年金だけにしか加入していない自営業者などの国民年金の第1号被保険者とでは、将来受け取る年金額に大きな差が生じます。

この年金額の差を解消するための自営業者などの上乗せ年金を求める強い声があり、国会審議などを経て、厚生年金などに相当する国民年金基金制度が平成3年4月に創設されました。
これにより、自営業などの方々の公的な年金は「二階建て」になりました。

(出典 国民年金基金連合会ホームページ)

 

自営業者などの国民年金の第1号被保険者を対象に、老齢基礎年金に上乗せして給付を行い、老後の所得保障を充実させるため、平成3(1991)年に創設されました。都道府県単位で設立される地域型基金と、同種同業の人によって全国単位で設立される職能型基金があります。加入は任意です。給付設計は全員が加入する1口目と希望に応じて選択する2口目以降があり、口数に応じて掛金を納め、掛金は社会保険料控除となります。なお、国民年金基金の加入員は、国民年金の付加保険料を納付することができません。

(出典 日本年金機構ホームページ)

 

国民年金の第1号被保険者(自営業者等)を対象に、老後の所得保障を充実させるため、老齢基礎年金に上乗せ給付を行う公的な年金制度。平成3年に創設された。制度への加入は任意。掛金は全額が社会保険料控除の対象になるが、月額6万8000円が上限。都道府県単位で設立される地域型基金と、業種ごとに全国単位で設立される職能型基金がある。

(出典 りそな銀行ホームページ)

 

国民年金第1号被保険者(自営業業者等)を対象に、基礎年金に上乗せして給付を行う年金制度です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

国民年金基金とは、サラリーマンや公務員のように厚生年金や共済年金のような上乗せ制度があることから、自営業者のような国民年金だけに加入している人との不公平感を解消する目的で基礎年金に上乗せ部分を支給する目的で平成3年に創設されました。加入員は第一号被保険者であれば主婦、パート、アルバイト学生でも加入できますが同時に2つ以上の基金には加入する事ができません。また保険料の免除者や特例任意被保険者や農業者年金の被保険者は加入する事ができません。

(出典 東海東京証券ホームページ)