銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

小確り(こじっかり)とは

相場が急騰していないが、底堅く推移している状況を小確り(こじっかり)といいます。また株式や、為替、商品選びなどでよく使われる言葉で、市況ニュースなどでよく見かけます。一般的に、記事上では小じっかりと書かれることが多いです。物株式の市場用語で、相場が、徐々に高騰していく状態を指すときにも使われます。またマーケットに活気があり、今後相場が下落していく、活気がなくなる様子が見られない状態を指すときにも使われます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

下値の心配がなく、相場が少し高い状態にあること。
「しっかり」「堅調」より少し程度の弱い場合に使います。「小高い」「小堅い」「小締まる」も同様の意味です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

相場が、急騰はしていないが、底堅く推移している状況。
株式の市場用語で、相場が堅調に推移している状態のときに使われる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

相場が、急騰はしていないが、底堅く推移している状況のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)