銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

個人消費支出とは

個人消費支出とは、米商務省が公表する、米国の家計が消費した財やサービスを集計した経済指標です。家計の中にしめる財、サービスの購入を集計した数値でとなります。米商務省経済分析局が毎月公表しており、Personal Consumption Expendituresの頭文字から、PCEと呼ばれることもあります。米国の場合には、個人消費支出の7割がサービス、3割が財で構成されており、GDPのおよそ7割を個人消費支出で占めています。GDPの割合では7割が個人消費支出となっていますので、GDPの構成要素として最大の指標となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

米商務省が公表する、米国の家計が消費した財やサービスを集計した経済指標。英語名称はPCE(Personal Consumption Expenditures)。GDPの約7割を占める米国の個人消費支出はGDPの先行指標として注目される。また、個人消費支出のうち、変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアPCEデフレーターは、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として重視することから、特に注目されている。

(出典 野村證券ホームページ)