銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

個人向け国債とは

「個人向け国債」は日本国が発行。国が元本の償還や利子の支払いを行うため、一般的に安全性の高い金融商品ですが、日本国の信用状況の悪化等により、投資元本の損失が生じるおそれもありますのでご注意ください。「期間3年・固定金利型」と「期間5年・固定金利型」、「期間10年・変動金利型」の3種類があり、お客さまの生活設計にあわせて期間をお選びいただけます。
なお、個人向け国債については、「中途換金できない期間」「中途換金時にお支払いいただく中途換金調整額」等、ほかにもご注意いただきたい事項があります。

(出典 みずほ銀行ホームページ)

 

個人向け国債とは、その名の通り個人投資家を対象とした国債のことで、額面金額1万円から購入できることが特徴です。
現在、個人向け国債は変動金利の10年債と固定金利の5年債および3年債の3種類が毎月発行されています。いずれも金利は0.05%が最低保証されており、利息は半年ごとに受け取ることができます。
償還日前でも、1年経過後であれば中途換金が可能で、国が額面金額で買い取ってくれます。ただし、直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれます。

ワンポイント
個人向け国債は変動10年、固定5年、固定3年の3種類があります。違いは「期間」と「利率が変動するかしないか」で、ニーズに合わせて選ぶことができます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

日本国政府が、原則として個人の投資家に限定して発行する利付国債のこと。「3年・固定金利型」、「5年・固定金利型」「10年・変動金利型」の3種類がある。証券会社をはじめとする取扱機関において、額面1万円単位で購入することができる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

個人の国債保有を促進するために導入されたもので、個人投資家しか購入できない国債のこと。1万円単位で始められ、中途換金もできるなど、個人が購入しやすいよう工夫されています。10年変動金利、3年・5年固定金利の3種類があり、全種類毎月募集・発行を行っています。証券会社、銀行などの金融機関や郵便局で購入できます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

国が原則として個人投資家に対して発行する国債のことです。
5年固定金利型(正式名称:個人向け利付国庫債券[固定・5年])と10年変動金利型(正式名称:個人向け利付国庫債券[変動・10年])があります。財務省が年4回行う募集・発行に応じ、証券会社・銀行・郵便局などで、額面1万円から1万円単位で購入できます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

個人向け国債とは、日本政府が、個人投資家に対して、発行する債権をいいます。安全性の高い債権であり、安心して運用できる商品の1つです。固定金利型3年満期と5年満期、変動金利型10年満期の3種類があります。3種類とも最低0.05%の金利保証が設けられているため安全性が高く、年に2回半年ごとに利子を受け取ることができます。個人向け国債は1年が経過するまで中途換金ができませんが、保有者が死亡した場合や災害にあった時には1年以内でも換金することができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)