銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

コストアプローチとは

企業価値評価の手法を3つに大別した1つ。ネットアセット・アプローチとも呼ばれる。対象企業の貸借対照表の純資産をベースに企業価値を評価する手法。簿価ベースの純資産を基にする簿価純資産法と、資産および負債を時価評価したうえでの純資産を基にする時価純資産法の2つの方法がある。

他の企業価値評価の手法としては、マーケットアプローチとインカムアプローチがあり、それぞれメリット・デメリットを有する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

コストアプローチとは、貸借対照表の純資産に着目した評価手法である。

客観性がある一方で、収益性が反映されないという欠点がある。

中堅中小企業の企業価値算定においては、コストアプローチが重視される傾向がある。

(出典 日本M&Aセンターホームページ)

 

コストアプローチとは、企業の純資産の時価評価額等を基準に株主資本価値を算定する評価手法である。評価対象企業を構築するためにかかるコストに着目して企業価値を評価する。貸借対照表の資産と負債の純額である純資産に焦点を当てるため、ストックアプローチ、ネットアセットアプローチとも呼ばれる。
コストアプローチに含まれる評価手法としては、簿価純資産法、時価純資産法の2つが挙げられる。簿価純資産は、単に貸借対照表上の純資産額を示す数値であり、時価純資産法は、評価対象となる企業または事業の資産・負債のすべてを時価に置き換えて純資産を評価する手法である。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

コストアプローチは簿価ベースと純資産を元にする簿価純資産法の他に、資産や負債などを時価評価して純資産を基準にする時価純資産法とに分かれます。そして、企業の価値評価の手法を3つに分けたうちのひとつが、このコストアプローチなのです。対象となる企業の貸借対照表の純資産を基準に価値を評価する手法として利用されています。また、その他に関連するものとしては、マーケットアプローチやインカムアプローチというものが存在します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

時価純資産方式とは企業価値のコストアプローチ による評価法のひとつである。決算時において、貸借対照表に資産の時価評価および簿外負債の計上などの必要な調整を行った後の純資産により企業価値を評価したものを発行済み株式数で割って1株あたりの株価を算定する。なお、コストアプローチによる企業価値の評価法には時価純資産方式のほかに「簿価資産方式」があるが、会社の固定資産や有価証券などに含み損・含み益がある場合は、簿価資産方式ではなく時価純資産方式を採用する。

簿価純資産方式と時価純資産方式
簿価純資産方式とは、帳簿上の資産の合計を企業価値とみなすシンプルな方式である。すなわち自己資本を発行済み株式数で割り、1株あたりの株価を算出する。
ただし、簿価による自己資本が現在の(時価による)正しい資産価値であるとは限らないため、一般にはあまり用いられない。

これに対し時価純資産方式では、時価資産の合計から買掛金などの営業債務を減じたものを企業価値とみなし、企業価値から有利子負債を差し引いたものを株式価格とみなす。

なお、時価順資産法における資産の時価評価のうち、主なものは次の通りである。
・売掛金のうち回収不能な不良債権を控除する
・棚卸資産のうちの不良在庫(陳腐化品など)を控除する
・不動産は公示価格・固定資産税評価額・路線価などを参考に再評価する

コストアプローチの考え方
時価純資産方式および簿価純資産方式はいずれもコストアプローチによる企業価値の評価法であるが、コストアプローチは原則として会社の存続を前提とせず、評価日をもって清算した場合の価値評価と考えられる。なぜならば事業継続に必要な資産は、その価値に関わらず事業継続を前提とするならば売却は不可能だからである。

なお、M&Aなどの際に行われる企業価値の評価方法にはコストアプローチのほかに「マーケットアプローチ(類似業種や同規模企業との比較による評価法)」、「インカムアプローチ(当該会社の収益性に着目した評価法)」などがある。

(出典 マネーフォワードホームページ)